現在地

ニュース

通販新聞ダイジェスト

YouTuber活用のネット通販をスタートしたUUUM、動画コマースでどう攻める?

ユーチューバーのマネジメントなどを手がけるUUUM(ウーム)は12月8日、お宝と出会える通販サイト「MUUU(ムー・ドットコム)」をスタート。ユーチューバーをどのようにネット通販へ活用しているのか?

単発記事

送料値上げは今後も発生する――通販協会トップが語った業界の展望と2017年の振り返り

「送料値上げ今後も継続的に発生する事案であると考えている」――。公益社団法人日本通信販売協会の賀詞交換会で阿部嘉文会長は、送料値上げ問題などの問題、今後の業界展望などを語った。

通販新聞ダイジェスト

【最新】通販・EC企業の売上ランキングまとめ2018年版~300社合計売上は約6.7兆円

通販新聞が2017年12月に行った「第69回通販・通教売上高ランキング」調査によると、上位300社の合計売上高は6兆7131億円で、16年12月調査時と比べ7.7%増加。

通販新聞ダイジェスト

【事例】青山商事のオムニチャネル戦略、買い回りの利便性向上で全社売上の拡大に貢献

紳士服小売り大手の青山商事では、小型店舗を起点とした新たな通販との連携施策を進めているほか、公式アプリの刷新や店頭受け取りなどの拡充も並行して行い、オムニチャネルを加速させています。

通販新聞ダイジェスト

自社EC売上が44%増の137億円のベイクルーズ、伸びている理由は? 物流問題の影響は?

ベイクルーズの前期(2017年8月期)におけるEC事業は前期比27%増の275億円。店舗とECを融合させるオムニチャネル化の推進が成長を後押ししているそうです。

通販新聞ダイジェスト

定期購入ビジネスは知らないとヤバイ、特商法の施行規則[EC・カタログ・TVが対象]

消費者庁は、定期購入の内容を明確化することや、申し込みの最終段階で確認し内容を訂正できる機会を用意するよう求めた特商法の施行規則を12月1日に施行しました。その注意点は?

通販新聞ダイジェスト

「ポンパレモール」で売上を伸ばす方法は? リクルートが仕掛ける店舗の集客UP3事例

リクルートライフスタイルの「ポンパレモール」では、グループ内の他のサービスと連携したリアルでの販促イベント、独自のメルマガ作成、出店者同士の商品を掛け合わせたコラボレーション販促企画などを展開し、集客アップを図っています。

通販新聞ダイジェスト

オムニチャネルの成功には何が必要? 奥谷氏講演、小売の事例にみる今後のオムニ戦略

有店舗小売企業にとって、ネット販売と実店舗とのスムーズな連携は喫緊の課題。今回は、新たな取り組みに乗り出したヒマラヤ、ジンズの事例、オイシックスドット大地の奥谷孝司COCOの講演内容を紹介します。

通販新聞ダイジェスト

大手小売のEC連動施策――ユニクロ、イケア、ジーユー、青山商事の4事例

大手小売企業が最新のデジタルツールの導入や店頭からでもネット注文しやすい接客対応を整備し、顧客に手間や不便を感じさせずにネット誘導することに取り組んでいます。

通販新聞ダイジェスト

良品計画が2月までにサイトを刷新――クリック3回で購入できる導線の実現などを検討

良品計画は11月から来年2月にかけて、段階的に通販サイトの「無印良品ネットストア」とスマートフォンアプリの「MUJI passport(ムジ・パスポート)」のリニューアルを行う。

通販新聞ダイジェスト

配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ

ヤマトホールディングスが発表した中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」の中身は? ネット通販事業者は押さえておきたい「法人顧客プライシングシステム」などを解説。

通販新聞ダイジェスト

【2017年版】EC売上高ランキングまとめ――1位Amazon、2位ヨドバシ、3位スタートトゥデイ

「月刊ネット販売」の調査によると、2016年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は3兆6322億円。前年調査の3兆2522億円に比べて11.7%拡大しました。

通販新聞ダイジェスト

苦戦が続く総合通販でひとり勝ちのベルーナ、なぜ伸びている?

ベルーナの2018年3月期連結業績は、売上高は前期比9.5%増の1600億円、営業利益は同19.5%増の130億円を見込む。前期は主力の総合通販事業も増収増益となるなど好調を維持するベルーナ、その理由はどこにある?

通販新聞ダイジェスト

【運賃値上げ対策】品揃えは利益率の高い商品に絞る & モール店の統合 & BtoBも強化

寝具ネット販売のまくらでは、通販サイトで取り扱う商品を絞ることで運賃値上げに対応。利益率の高い商品に絞って販売することで経費増をカバーする方針。

通販新聞ダイジェスト

EC売上1000億円突破のヨドバシカメラなど通販売上ランキング2017【ジャンル別】

「総合通販」「家電」「家具」「BtoB通販」を展開する上位の通販実施企業の直近の売上高を抜粋したランキング表を掲載、それぞれの通販市場の動向と各プレイヤーの状況について見ていきましょう。

通販新聞ダイジェスト

「ZOZOTOWN」はなぜ伸びている? スタートトゥデイ副社長に聞く好調の理由

好業績が続いているファッション通販サイト「ゾゾタウン」運営のスタートトゥデイ。4月1日に新設した副社長職を兼務する栁澤孝旨CFOに衣料品ECの事業環境や好業績の要因などを聞きました。

単発記事

ついにネット通販物流の無人化が始まった! ロボット駆使した倉庫を中国EC大手JDが実現

中国のネット通販(直販)最大手のJD.com(京東商城)は8月、商品のピックアップからトラックへの積み込みといったネット通販向けの物流業務をロボットが処理する物流センターを開設した。

通販新聞ダイジェスト

スタートトゥデイ傘下の「ZOZOUSED」が好調な理由は? クラウンジュエル社長に聞く

スタートトゥデイ100%子会社のクラウンジュエルは、ファッションECサイト「ゾゾタウン」内で展開するブランド古着専門店「ゾゾユーズド」が高成長を続けています。その理由は?

通販新聞ダイジェスト

アマゾンに対抗できる? セブン・アスクル連合のEC協業策――物流・集客スキームは?

セブン&アイ・ホールディングス(7&i)とアスクルが協業して11月にスタートする生鮮品EC事業「IYフレッシュ」。その協業スキームなどについて解説。

通販新聞ダイジェスト

楽天の下期戦略、モール内の検索で優良店舗の商品露出を優遇する「優良店制度」とは?

楽天は「楽天市場」における下期の事業戦略を公開、認定した優良店舗の商品を、仮想モール内検索で優遇する制度を始めたことを明らかにしました。

通販新聞ダイジェスト

通販・EC売上ランキングまとめ2017年夏版~300社の合計売上は約6.5兆円

通販新聞社が7月に実施した「第68回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は6兆5806億円で、伸び率は昨年同時期の調査と比べ6.4%増となりました。

通販新聞ダイジェスト

RIZAPグループがアパレル市場に参入した理由と今後の戦略 [瀬戸社長インタビューあり]

業績不振が続くアパレル企業を相次いで買収し、アパレル事業を強化しているRIZAPグループ。不振が続く企業を買収する理由は? 再建に必要なこととは?

通販新聞ダイジェスト

国は物流問題をどう解決する? AIやIoTなどを活用する新物流大網の提言を国交省が決定

国土交通省は2017~20年度に適用する総合物流施策大綱に関する有識者検討会の第7回会合を開催し提言の最終案を決定。その内容は?

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸の大口向け運賃は15%超の値上げを想定。配送に関する改革の進捗状況は?

ヤマトホールディングとヤマト運輸は6月8日、「働き方改革」と「デリバリー事業構造改革」の進捗状況などを説明しました。その内容は?

通販新聞ダイジェスト

カタログ通販ひとり勝ちベルーナも送料値上げ。運賃増は「売上増とコスト削減でカバー」

ヤマト運輸の運賃値上げがある秋頃から、送料を100円前後値上げする予定。なお、送料無料となる購入額(1回の注文額が税別5000円以上の場合)は据え置く見通し

通販新聞ダイジェスト

バロックジャパンのEC強化策――マーケットプレイス化やプラットフォーム化戦略とは?

バロックジャパンリミテッドはEC事業に本腰を入れる方針。2017年1月期のEC売上高74億4500万円に対し、2021年1月期はほぼ倍となる160億円規模を計画。

通販新聞ダイジェスト

“顧客視点”の配送サービスで付加価値、再配達削減に向けた事業者の取り組み

再配達削減につながり、かつ顧客視点に立った商品の受け取り方法はどう提供すればいいのか? 楽天と日本郵便のタッグ、アスクル、ファンケルの取り組みを紹介。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

PR

スマホ時代のECサイトをどうサポートする? バリューコマースが注力する3つのポイント

アフィリエイトなどの広告事業やCRM事業を手がけるバリューコマースはECサイトの販促をどのように支援していくのでしょうか?経営陣らが語った2017年の戦略をご紹介。

通販新聞ダイジェスト

アマゾンがBtoBのネット通販に本格参入? 今秋にも日本版アマゾン・ビジネスを展開か

アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国EC市場から日本の食品が消えた日。現地の越境ECサイトで何が起きているのか?

中国EC市場では3月15日以降、大手越境ECモールを中心に日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。現地のサイトはどのような状況なのか、その様子をレポート。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る

中国内で3月15日以降、日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。その背景を解説します。

通販新聞ダイジェスト

情報漏えいを防ぐECサイトの不正アクセス対策は何が必要? 【流出責任の裁判例あり】

通販サイトが不正アクセスを受けて、顧客情報を流出させてしまう事故が後を絶たちません。セキュリティーを意識した通販サイト運営には何が必要なのでしょうか。

通販新聞ダイジェスト

なぜヤマト運輸は荷受量の抑制を検討するのか? 理由は「人手不足」「労働環境の悪化」

ヤマト運輸は、同社の労働組合が宅急便の荷受量の抑制などにより労働環境の改善を求めていることなどに対する対応の検討を始めました。

通販新聞ダイジェスト

シニア女性はどう開拓する? 雑誌+通販で攻める世界文化社の事例

世界文化社の主力総合カタログ「家庭画報セレクション」の中心顧客層は60代後半~70代女性。新たに50歳以上の新大人世代の女性を取り込もうとする世界文化社の取り組みとは?

通販新聞ダイジェスト

ドクターシーラボの自社ECサイトが停止しているワケ

ドクターシーラボは新たな優良客向け優待特典制度の運用を始めたものの、システム変更に伴う混乱が発生し、自社ECサイトの運営を停止。本サイトの再開については「3月中旬を予定している」(ドクターシーラボ)。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!