現在地

中国

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

日本の先を行く“おもてなし物流”とテクノロジーを活用する中国EC大手JDの新たな戦略

中国の直販EC最大手JD.comの、日本の先を行く“おもてなし配送”、最先端技術を駆使したテクノロジーなど、“JD独自”のECサービスを取材した。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

ARで化粧品の使用イメージを購入前に確認! 化粧品ECの課題を解決する「AR Styling Station」とは

中国EC大手のJD.comは、AR(拡張現実)を活用した「AR Styling Station」で、急成長する中国化粧品市場に変革をもたらすという。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ECの拡大で膨れあがる荷物――中国ECで知っておきたいイベント時の顧客&発送対応法

「618」「ダブルイレブン」「ダブルトゥエルヴ」など、ECのイベント時での配送業務、顧客対応は最新の注意を払いたいところ。春節を例に、物流・配送業務の裏側、EC事業者が採用すべき対策などを紹介します。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

車内モニターでもネット通販! あらゆる生活シーンに入り込む中国EC大手JDの小売革命

中国EC大手のJD.comは、スマートホームの開発プラットフォーム「Alpha」を自動車に導入し、車内からスマート家電の操作やネットショッピングを楽しめるようにします。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

中国EC第2位の「京東商城(JD.com)」とは? その素顔と今後の戦略を探る

京東商城(JD.com)はチャットアプリ「WeChat」を運営するテンセントグループの一員で、中国ECで天猫(Tmall)に次ぐ市場シェア第2位です。今回はJDの素顔と今後の戦略についての考察をお伝えします。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

「失敗しない越境EC」のポイントは? 「藤巻百貨店」「転送コム」「PayPal」が成功の秘訣を大公開

藤巻百貨店はなぜ転送コムとPayPalを活用して越境ECに取り組むことを決めたのか? 藤巻百貨店を運営するcaramo、転送コムを手がけるtenso、PayPalの3社によるトークセッション。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

中国EC市場のいま――「モノよりもコト」「量より質」を求める“ニューリテール”時代の最新買い物事情

中国の新たな消費行動「消費のアップグレード」について、その原動力、それによって現われた企業の「ニューリテール戦略」などについて説明していきます。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

15兆円を売り上げる中国EC直販1位のJD.comとは? 日本で初めて語る成長の秘訣

中国各地に張り巡らされた自前の物流拠点と配送網。そしてそれを作るテクノロジーへの積極的な投資。驚異の事業拡大を進めるJD.comの秘訣(ひけつ)。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

天猫国際の「独身の日」。データから見えてきたユーザー像と売れ筋商品の変化とは?

前回に続き2017年の独身の日(W11)についてお伝えします。今回は、天猫国際におけるW11に関するトピックをまとめました。

単発記事

中国大手2サイトで5兆円を売った「独身の日」。JD.comの取扱高が3倍に増えた理由

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われた中国で、アリババグループとJD.comの取扱高は2社合計で2953億元(5兆201億円、1元17円換算)。特にJDの躍進が著しく、取扱高は前年比3倍に拡大。その急成長の理由は?

1日で2.8兆円を売り上げたアリババ「独身の日」、楽天の年間国内EC流通額に迫る取扱高

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われていた中国で、中国EC最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が11月11日に記録した取扱高は、過去最高となる1682億元(日本円で約2兆8594億円、1元17円換算)となった。

単発記事

無人配送も始まった中国EC市場、日本よりも先を行くJD.comのラストワンマイル戦略

JD.com(京東商城)は稼いだ資金をフルフィルメントやR&D(研究開発)などに投じ、急成長を遂げている。JD.comが近年取り組んでいるラストワンマイルの“省人化”“無人化”への取り組みを取材した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンよりも進んでる? 無人コンビニ「BingoBox」などが広がる中国小売市場の今

フルーツのネット通販を手がける中国のEC企業Zhongshan BingoBox technology Co.(中山市賓哥網絡科技)が中国内で10店の無人店舗「BingoBox」をオープン。今後1年以内に5000店舗を開店する予定。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

天猫国際の「TP(Tmall Partner)」とは? 日本企業が知っておくべきTPの評価基準とは?

アリババが天猫国際(Tmall Global)の「TP(Tmall Partner)」の評価を初めて公表しました。今回はこの「TP」について解説します。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECはすでにレッドオーシャン? 韓国ロッテのTmall撤退から見える進出企業の課題

中国内の越境ECに詳しい関係者は「中国に進出した海外の小売企業は、ECサイトと実店舗へ自然に消費者が来店するとは限らないことを認識しなければならない」と指摘します。それはなぜか?

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

中国向けECで成功するには何が必要か? 政府系EC団体の幹部が語る越境ECの活性化策

中国に向けて越境ECを行う上で押さえておくべき法律や政策について、中国政府系の事業者団体「中国電子商会」の彭李輝・常務副秘書長が解説した。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

【中国EC】WeChatでマーケティングを成功させるための5つのポイント

中国でマーケティングにSNSを活用するブランドが増加。特にWeChatの公式アカウント開設が増えており、ネット通販活用の事例が出てきています。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「グローバルストア」計画とは? 越境ECの言語・物流・価格の壁がなくなる日

中国のEC専門誌「ebrun」によると、アマゾンは消費者が全世界の商品を簡単に購入できる「グローバルストア」を開店させる予定だと報じています。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

【中国ECの裏側】アリババのビッグデータを活用した偽造・模造品対策とは

アリババがビッグデータを活用し、知的財産保護およびその執行に貢献しています。その取り組みを解説。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国EC市場から日本の食品が消えた日。現地の越境ECサイトで何が起きているのか?

中国EC市場では3月15日以降、大手越境ECモールを中心に日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。現地のサイトはどのような状況なのか、その様子をレポート。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

北京税関が越境ECに対応、海外からのネット通販に関する保税サービスを提供開始

北京税関は2月、管轄内の天竺税関が総合保税区越境EC保税サービスを全面的に提供することを発表した。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る

中国内で3月15日以降、日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。その背景を解説します。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

アリババのジャック・マー氏が語る「アマゾン」と「トランプ米大統領」

アリババグループのジャック・マー氏はアマゾンのビジネスモデルをどのように見ているのか? そして、米大統領のトランプ氏とはどのようなことを話したのか?

単発記事

中国EC市場で成功するには何が必要か? 中国の直販ECトップのJD副責任者に聞いてみた

中国最大の直販ECサイト「京東商城(JD.com)」の海外企業向け越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」の責任者へのインタビューから、成功のためのポイントを探ってみる。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン中国の最新情報+中国の越境EC利用者の消費トレンドと特徴まとめ【2017年】

アマゾン中国が年始に発表した「越境ECトレンドレポート」によると、2016年のトレンドは「越境EC利用の浸透」「若者化」「品質重視」「越境ECに特化した無料国際配送のプライム会員サービスが消費を刺激」だったという。

単発記事

【2016年版】中国人はどの国のECサイトを使う? 何を買う? など越境EC利用状況まとめ

中国のリサーチ会社iResearchによると、2018年に中国人が海外のECサイトなどから商品を購入する越境EC(輸入)小売市場の規模は5260億元(日本円で約8.8兆円)に拡大する見通し。

単発記事

DHC、東急ハンズ、トリンプなど大手も使う中国向けECモール「ワンドウ」とは

Inagora(インアゴーラ)が提供する中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にディーエイチシー(DHC)、東急ハンズ、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなど大手も出店しています。その理由は?

単発記事

中国ECでマタニティ商材が売れるワケ。「二人っ子政策」への転換が日本企業に追い風

2018年には7兆960億元(日本円で約113兆円)にまで拡大するとされる中国EC市場。その成長をけん引するのがマタニティ市場と言われ、海外製品を求める親の海外製品ニーズが高まっている。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

中国EC市場の2017年の展望と、日本企業の中国での戦略の変化とは

2017年の中国越境ECに関わる税制と規制強化を控え、大きな変化が起こっている中国ECの事情。巨大なマーケットに参入するためには現状を把握してしっかりとした準備が必須になります。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国越境EC市場はすでに激戦? 「ネット爆買い」狙う有名ブランド企業の進出状況

中国でのオンライン売上を拡大するため、さまざまなハイブランドが販売を強化しています。独のカメラメーカー「ライカ」、日本からはパナソニック、象印など、アパレルでは「フェラガモ」「ヒューゴ・ボス」などが進出し始めています。

単発記事

「中国は越境ECを歓迎する」 政府機関「中国電子商会」の幹部が語る中国向けECのホンネ

中国政府は中国向け越境ECをどのように考えているのか? 中華人民共和国工業情報化部所管の電子商取引企業団体「中国電子商会」の彭李輝常務副秘書長にインタビューしてきました。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社