唇がもたらす印象は大きく、おしゃれな女性は口紅の流行色にも敏感です。また、どんなにきれいにメイクをしていても唇がガサガサでは台無し……ということで、念入りにケアをしている方は多いのではないでしょうか? また最近では、リップクリームで唇のお手入れをしている男性も珍しくありません。

今回は、性差なくニーズを集めるリップ系化粧品の広告について、表現できる範囲を整理してみましょう。

いわゆる「口紅」だけじゃないリップ系商品

「口紅」「リップクリーム」「ティントリップ」「リキッドルージュ」「グロス」「リップライナー」「リップバーム」「下地」「唇用美容液」などなど、リップ系商品といっても実にさまざまな商品があります。また、化粧品に限らず、医薬部外品、医薬品と用途・効果も多岐に渡ります。

リップ系商品

広告で標ぼう可能な範囲は、「化粧品で標ぼう可能な56の効能効果」の中の、42番から48番が該当します。

(42)口唇の荒れを防ぐ。

(43)口唇のキメを整える。

(44)口唇にうるおいを与える。

(45)口唇をすこやかにする。

(46)口唇を保護する。口唇の乾燥を防ぐ。

(47)口唇の乾燥によるカサツキを防ぐ。

(48)口唇を滑らかにする。

リップ系化粧品の中でも「口紅」「色付きリップクリーム」「ティント」「リキッドルージュ」「グロス」など、色が付くアイテムには、「唇にメーキャップ効果を施す」という目的があります

これらの着色、あるいは無色でも物理的に唇の溝を埋める下地的な用途を持つものは、事実であることを前提に、

メーキャップ効果によりシワを目立たなくする。

といった表現が可能と判断できます。

よく見かける「唇の縦ジワ」という表現についても、メーキャップ効果がある商品であれば、同様の考え方ができます。ただし、メーキャップ効果だったとしても「唇の縦シワを完全に消す」というような表現は、効果を保証する表現と解釈されますので不可です。

色が付かないリップクリームの注意点

メーキャップ効果を持たない、無色のリップクリームなどはどう考えるべきでしょうか。

リップクリーム、リップバーム

最も注意しなければならないのは、「二次的・三次的効果を述べることは禁止」ということです。

例えば前半でした「(44)口唇にうるおいを与える」の二次的効果として「(うるおいが与えられれば、その結果として)唇の縦ジワを薄くする」と標榜することはできない、ということです。

医薬品等適正広告基準

第4(基準)

3効能効果、性能及び安全性関係

(1)承認等を要する医薬品等についての効能効果等の表現の範囲

承認等を要する医薬品等の効能効果又は性能(以下「効能効果等」という。) についての表現は、明示的又は暗示的であるか否かにかかわらず承認等を受けた効能効果等の範囲をこえてはならない。

<共通>

(3)効能効果等の副次的効果の表現について

効能効果等の二次的、三次的効果等の表現は、本項に抵触するため行わないこと。

また、本基準第4の3(8)「本来の効能効果等と認められない表現の禁止」も参照すること。

--------

3(8)本来の効能効果等と認められない表現の禁止

医薬品等の効能効果等について本来の効能効果等とは認められない効能効果等を表現することにより、その効能効果等を誤認させるおそれのある広告を行ってはならない。

実際に「口唇にうるおいを与える」効果を持っていたとしても、その次の効果として「唇の縦ジワを薄くする」といった標榜を行うのは「効果の逸脱」と解釈される可能性があります。十分に注意をしましょう。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

稲留 万希子

薬事法広告研究所 代表

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社にて医療従事者向けポータルサイトの企画運営に従事。東洋医学に興味を抱いたことをきっかけに、中医学専門学校にて3年間薬膳料理や漢方について学ぶ。その間、ヘルスケア分野でのビジネス展開には薬事法を避けて通れない事から、薬事法と広告についても並行して学び、その後、国際中医専門員、漢方薬膳療術師、反射療法士、薬事法管理者、コスメ薬事法管理者の資格を取得し独立。2008年3月、薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表へ就任。現在、一般社団法人 通販エキスパート協会 代表理事を兼任。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム