現在地

景品表示法

健康・美容業界の今を知る!

化粧品の広告で標ぼうできない「ターンオーバー」。使いたい時の発想法

主に基礎化粧品の広告などでよく目にする「ターンオーバー」という言葉。肌の健康的な新陳代謝を表す言葉ですが、最近は一部で問題視されている動きがあるようです。

健康・美容業界の今を知る!

広告における「特許」表記の注意点。「特許取得」「特許出願中」と書いても大丈夫?

特許を保有しているなら、自由に広告でアピールして問題はないのでしょうか? 実は、薬機法の制限を受ける化粧品等と、薬機法の制限を受けない健康食品、雑貨等では事情が異なります。

健康・美容業界の今を知る!

「満足度○○%!」は大丈夫? 化粧品のアンケート結果を広告に使う際、気を付けるべきポイント

お客さまからよせられたアンケートについて、「良い結果だから広告に使いたい」と考えるのは当然です。ですが、やはりここでも薬機法に基づくルールを守らなければなりません。

健康・美容業界の今を知る!

「カミソリ負けを防ぐ」はOK? 男性用化粧品の広告表現を薬機法の視点でチェック

昔に比べて男性の美容に対する意識は非常に高くなり、「メンズコスメ」という表現も一般的になりました。今回は男性用化粧品の広告表現について解説します。

健康・美容業界の今を知る!

不当表示による売り上げは没収! 知らないと痛い目にあう景品表示法の「課徴金制度」

2016年4月1日より、景品表示法に課徴金制度が導入されました。その事実は知っていても、実際、課徴金って何?課徴金の対象になってしまうとどうなるの?等、聞くに聞けない素朴な疑問について質疑応答形式にまとめます。

健康・美容業界の今を知る!

「全額返金保証」という通販・EC広告の表現は使っていいの? 法律上の落とし穴

化粧品、健康食品などの通販広告では、「100%返金保証」「お気に召さなかった場合商品購入代金を全額お返しします」というフレーズがよく使用されています。このフレーズを利用することは各種法律上問題ないのでしょうか。考えてみましょう。

通販新聞ダイジェスト

“表示根拠”に対する監視を強める消費者庁、ライフサポートが行政処分を受けた背景とは

「機能性表示食品」制度を目前に控え、消費者庁がいわゆる健康食品の“表示根拠”に対する監視を強めている。中でも、ダイエット効果をうたう健食への執拗な監視は2013年9月以降続いている。

通販新聞ダイジェスト

多くの健食通販会社は“アウト”? サン・クロレラ販売の広告手法で「商品広告」の要件覆す判決

京都地裁は1月21日、サン・クロレラ販売の広告手法を巡る訴訟で、「クロレラ」に医薬品のような効果があるとするチラシは景品表示法に違反すると判決、このことが関係者の間で波紋が広がっている。健食業界に大きな影響を及ぼすことになる今回の訴訟。今後も訴訟の行方を注視する必要がある。

通販売上250億円超のえがおが景表法違反、「飲むだけで痩せる」黒酢サプリに根拠なし

黒酢のサプリメントを摂取するだけで簡単にダイエット効果を得られるといった広告表現が景品表示法違反(優良誤認)に該当するとして、消費者庁は3月30日、健食通販のえがおに再発防止などを求める措置命令を出した。

通販新聞ダイジェスト

「ライザップ」の「30日間全額返金保証制度」は誇大広告? 消費者団体が広告表現削除要求

健康コーポレーショングループのRIZAP(ライザップ)が行う「全額返金保証」広告に適格消費者団体が待ったをかけた。ライザップは、「法的根拠を欠く申し入れ」と、削除しない意向を表明、両者の言い分は真っ向から対立する。

スタッフの教育などに、無料で「景品表示法」「特定商取引法」が学べるeラーニングの提供開始

「景品表示法」「特定商取引法」が無料で学べる東京都提供の「クイズで学ぶ法令遵守」は、パソコンを使って3択クイズで回答できる。社内スタッフの研修などに活用してほしいとしている。

消費者庁、景品表示法に基づく行政処分5事例の広告表現まとめた資料を公表

消費者は6月13日、健康食品の表示に関し景品表示法に違反したとして同日までに5件の措置命令を出したことを公表し、行政処分の対象となった広告表現や健康食品に関する専門家の意見などを記載したデータをまとめた。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!