現在地

薬機法

健康・美容業界の今を知る!

化粧品の広告で標ぼうできない「ターンオーバー」。使いたい時の発想法

主に基礎化粧品の広告などでよく目にする「ターンオーバー」という言葉。肌の健康的な新陳代謝を表す言葉ですが、最近は一部で問題視されている動きがあるようです。

健康・美容業界の今を知る!

広告における「特許」表記の注意点。「特許取得」「特許出願中」と書いても大丈夫?

特許を保有しているなら、自由に広告でアピールして問題はないのでしょうか? 実は、薬機法の制限を受ける化粧品等と、薬機法の制限を受けない健康食品、雑貨等では事情が異なります。

健康・美容業界の今を知る!

「満足度○○%!」は大丈夫? 化粧品のアンケート結果を広告に使う際、気を付けるべきポイント

お客さまからよせられたアンケートについて、「良い結果だから広告に使いたい」と考えるのは当然です。ですが、やはりここでも薬機法に基づくルールを守らなければなりません。

健康・美容業界の今を知る!

「カミソリ負けを防ぐ」はOK? 男性用化粧品の広告表現を薬機法の視点でチェック

昔に比べて男性の美容に対する意識は非常に高くなり、「メンズコスメ」という表現も一般的になりました。今回は男性用化粧品の広告表現について解説します。

健康・美容業界の今を知る!

「メタボ」「アンチエイジング」といったワードは広告に使えるの?

「メタボ」「アンチエイジング」……男女問わず関心が高く、こうしたキーワードの検索は数多く行われています。「メタボ」「アンチエイジング」といったワードの利用可否について考えていましょう。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!