現在地

薬機法

健康・美容業界の今を知る!

「もの忘れ」「認知力」「記憶力」はアウト! 認知系健康食品の広告における注意点

「認知系健康食品」はダイエット関連と並び、広告表現に配慮が求められる代表的なジャンル。今回は「認知系健康食品」の広告表現の注意点をまとめました。

健康・美容業界の今を知る!

「売上No.1」「限定」「新発売」「大人気」「今だけ」─消費者の心をつかむフレーズの注意点

購買意欲をかき立てる「限定」「今だけ」「大人気」といったフレーズ。使い方を誤ると、薬機法(旧薬事法)や景品表示法等に触れてしまいます。広告で使用するときの注意点をまとめました。

健康・美容業界の今を知る!

洗顔商材の魅力を伝える広告で、「メラニン」「美白」「透明感」「明るく」「白く」は使用できる?

化粧水や美容液などとは違い差別化しにくいと言われる洗顔商材。さまざまな切り口で商品の魅力を伝える広告を目にしますが、これらの標ぼうはOKなのでしょうか?

健康・美容業界の今を知る!

健食・美容の広告担当者は必見! 「医薬品等適正広告基準」改定のポイントまとめ【全部で14点】

「医薬品等適正広告基準」が改訂されて3か月ほど経ちました。医療品や化粧品などの広告表現において徐々に浸透してきている印象ですが、変更のポイントを振り返ってみましょう。

健康・美容業界の今を知る!

毛髪のケア商品でよく使われる「浸透」という表現。注意すべきは「範囲」

毛髪や頭皮のケア商品によく使われる表現に「浸透」があります。今回は、この「浸透」を使うときに気を付けるべきポイントについて解説します。

健康・美容業界の今を知る!

化粧品の広告で標ぼうできない「ターンオーバー」。使いたい時の発想法

主に基礎化粧品の広告などでよく目にする「ターンオーバー」という言葉。肌の健康的な新陳代謝を表す言葉ですが、最近は一部で問題視されている動きがあるようです。

健康・美容業界の今を知る!

広告における「特許」表記の注意点。「特許取得」「特許出願中」と書いても大丈夫?

特許を保有しているなら、自由に広告でアピールして問題はないのでしょうか? 実は、薬機法の制限を受ける化粧品等と、薬機法の制限を受けない健康食品、雑貨等では事情が異なります。

健康・美容業界の今を知る!

「満足度○○%!」は大丈夫? 化粧品のアンケート結果を広告に使う際、気を付けるべきポイント

お客さまからよせられたアンケートについて、「良い結果だから広告に使いたい」と考えるのは当然です。ですが、やはりここでも薬機法に基づくルールを守らなければなりません。

健康・美容業界の今を知る!

「カミソリ負けを防ぐ」はOK? 男性用化粧品の広告表現を薬機法の視点でチェック

昔に比べて男性の美容に対する意識は非常に高くなり、「メンズコスメ」という表現も一般的になりました。今回は男性用化粧品の広告表現について解説します。

健康・美容業界の今を知る!

「メタボ」「アンチエイジング」といったワードは広告に使えるの?

「メタボ」「アンチエイジング」……男女問わず関心が高く、こうしたキーワードの検索は数多く行われています。「メタボ」「アンチエイジング」といったワードの利用可否について考えていましょう。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社