よろしければこちらもご覧ください
ネッ担まとめ

先週に引き続き、コマースデザインの坂本さんの大作をご紹介します。Amazonなどのプラットフォーマ―がやれないことが何か?その答えと対応方法が書かれています。

中小事業者は「じゃないほう」をねらうべし

2020年、EC業界の展望と「中小事業者は何を考えるべきか」後編 | ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」
https://www.commerce-design.net/blog/archives/3798

まとめると、

  • ネットショップは徹底的な比較されるものではあるが、誰もが知っているものや目立つものを選びたくないユーザーも現れる。中小事業者はここをねらうべき
  • 中小事業者の戦略としては、比較されにくい商売をする「専門家アプローチ」が有効。メーカーであればまずブランドを育てる
  • 中小ECの最大のテーマは「日々の業務の忙しさ対策」。社長が身軽になること、業務を見直すこと、人材を確保することが先決

ネット上では、「安いもの」「ランキング上位のもの」に人々が集まりますが、一方で、「他人の物差しではなく自分の物差しを大切にする」「自分の物差しに合ったものを探す」人々も存在します。

特に、こうやって皆がプラットフォーム上で何かを選ぶようになってくると・・メジャーな、メインストリームの、王道の、誰しもが知っている、有名な、目立つ選択肢・・に対して「そういうのは選びたくない」という人が、相当数現れます。光があれば影がある、メジャーがあるなら「そうではない選択肢」を求めるようになるものです。
─コマースデザイン株式会社 代表 坂本悟史氏

中小事業者がやるべきことをコマースデザインの坂本さんがまとめています。主にAmazonの動きをとらえて、そこから生まれるチャンスについて細かく説明しています。モールが大きくなればなるほど、そこから離れたくなる人も出てきますので、そこをうまく突くという方法ですね。

個人的には「専門家アプローチ」で主導権を握るというのが良いかなと思います。ものすごく長い記事ですが、時間のある時に読んでください。

決済は安全性を考慮して導入を

詐欺発生の「Paidy」、提供元が対策 「悪用の恐れある」取引を制限・停止 | ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/15/news080.html

メルカリからのお知らせ 外部の後払い決済サービスを悪用した不正行為について | メルカリ
https://jp-news.mercari.com/2020/01/15/news/

まとめると、

  • 1月上旬から後払いサービス「Paidy」を悪用した詐欺がフリマアプリなどで相次いでいる
  • 提供元のPaidyは、悪用の恐れがあると判断した取引では、決済サービスの提供を制限または停止すると発表した
  • Paidyは代金の支払いがないときは商品の送付先(購入者)に請求を行う。今回の詐欺の手口はこの仕組みを悪用している

購入者が商品を受け取ると、通常通りメルカリ経由で出品者に代金を支払う。しかし出品者がPaidyからの請求を無視し、商品の送付先である購入者に請求書が届くよう仕向ける。そのため、出品者は仕入れ代金を負担せずに商品の代金を受け取れる一方、購入者はメルカリとPaidyに対し、二重で代金を支払う事態が起きていた。

 Paidyは本来、事前にメールアドレスと携帯電話を登録しておくと、購入の翌月にメールやSMSで請求の通知が届き、コンビニ払い、銀行振り込みなどで代金を支払える――というサービスだ。しかし振り込みが行われない場合、Paidyは商品の送付先(購入者)に請求を行う。今回の詐欺の手口は、この仕組みを悪用している。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/15/news080.html

この件はPaidy側が甘かったと言えるのでは?「振り込みが行われない場合、Paidyは商品の送付先(購入者)に請求を行う」という仕組みを悪用されたとはいえ、ちょっと考えたらわかりそうな気も……。最近の詐欺は購入側で対応できることが少ないので、事業者側の努力に期待するしかありません。

検索エンジンだったGoogleが競合になっていく……

ファッションECサイトの味方になるか? 人気商品の一覧を専用ブロックでGoogleモバイル検索に掲載 | 海外SEO情報ブログ
https://www.suzukikenichi.com/blog/explore-apparel-and-accessory-products-surfaced-on-mobile-on-google-search/

2020年、Googleの垂直化とゼロクリック検索がローカル検索へと与える影響 | SEO Japan
https://www.seojapan.com/blog/how-verticalization-and-zero-click-will-impact-local-search-in-2020

まとめると、

  • Googleはファッション・アパレル関連のアイテムをまとめて検索結果に表示する機能「Popular products」を米国で開始した
  • 「Popular products」はECサイトで販売している商品を画像検索などGoogleのプラットフォームに表示する仕組み「Google に掲載」の1つ
  • 検索の第一人者であるランド・フィッシュキン氏は、「2020年、Googleが検索エンジンから競合他社に変わる年になる」と予測している

Googleは検索結果に独自のサービスを次々と追加しており、検索のプラットフォームから総合的なプラットフォームに移り変わっていくのは予想に難くないでしょう。「SEOのみに頼った集客は危険」とは言われ続けていることではありますが、今後はより一層そのような意識を持つ必要があります。
https://www.seojapan.com/blog/how-verticalization-and-zero-click-will-impact-local-search-in-2020

Googleからの流入がメインというショップも多いかと思います。記事に書かれているようにGoogleはどんどん進化していますし、検索結果上で完結することも増えてきました。こういったトレンドも追いつつ、SNSなど他の流入元も確保しておきたいところ。

EC全般

Google、サードパーティー製CookieのChromeでのサポートを2年以内に終了へ | ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/15/news064.html

Chromeの3rd Party Cookieサポートが段階的に廃止へ。その影響? | AdMarkeTech.
https://www.admarketech.com/2020/01/chrome-3rd-party-cookie.html

サルでもわかるGoogle Chromeのプライバシー対策で何が起こるのか | marketechlabo
https://www.marketechlabo.com/chrome-privacy-release-2020/

SEOの記事と合わせて。広告からの流入にも変化がありそうです。

買われたクチコミ。Googleマップ、Amazon、楽天で横行か。 温床になっていたのは… | BuzzFeed
https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/paid-review

プラットフォーマ―側も対応しないといけないけど、そもそもこういったこと自体がなくならないと。

公取委 新事務総長 巨大IT企業のデータ独占 厳正に対処 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200115/k10012246601000.html

「IT大手のヤフーとLINEの経営統合が独禁法上問題がないかを検討する」とのこと。

「必要なのはお客様からの共感」。日本通信販売協会(JADMA)新年賀詞交換会 年頭所感 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7145

不正が横行する世の中だからこそ、共感・信頼を得られるような運営を。

今週の名言

ビジネスには地域性、民族性があります。米国はスタンダードづくりが上手く、日本人はそれを土着化するまで日本化していく文化があって、それ自体はなかなか変わりません。であれば、お互いがそれを理解し、お互いの強みを持ち寄ればいいんですよ。
─日本サブウェイ 社長 角田 淳氏

閉店ラッシュから一転、サブウェイが「大復活」するまでの全舞台裏 | 現代ビジネス
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69373

日本では都道府県というか、尾張とか三河などの単位でも民族性のようなものがありますよね。これが理解できればビジネスは上手くいくはず。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム