よろしければこちらもご覧ください

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、自社ECサイトを運営する250事業者を対象に「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」を行った。

その結果、6割を超える事業者が2022年は2021年よりもEC売上が伸びると予測していることがわかった。

コロナ禍でのEC売上について2021年と2020年の比較で聞いたところ、「2020年より2021年の売上が伸びている」(49.6%)、「2020年も2021年も売上はあまり変わらない」(23.2%)「2020年の方が2021年より売上が良かった」(20.8%)「2020年はECを運営せず」(6.4%)の順になった。ほぼ半数の事業者が、2021年は2020年よりEC売上が伸びている。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
コロナ禍でのEC売上について

2022年のEC売上予測について、「2021年より2022年の方が伸びると想定」している事業者が60.0%。「2022年も2021年と変わらないと想定」(24.0%)「分からない」(9.2%)と続いた。「2021年より2022年の方が下がると想定」は6.8%にとどまっている。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
2022年のEC売上予測

自社ECで注力している施策について聞いたところ、SNS活用やネットでのPR活動、実店舗連携などのオムニチャネル対応、モール出店など、販促チャネルを拡大する動きがあがった。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
自社ECで注力している施策について

ECモールへの出店状況について、「現在ECモールに出店している」事業者が約7割。「これまでECモールに出店したことはない」は約2割だった。「過去にECモールに出店していたことがあり、今はしていない」は6.8%。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
ECモールへの出店状況について

今後もEC事業に注力するか聞いたところ、83.6%の事業者(209社)が「EC事業をさらに強化する」と回答。「現状維持を考えている」(15.2%)「EC事業はこれまでのように力を入れない」(1.2%)と続いた。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
今後もEC事業に注力するか否かについて

実店舗を運営している134社の事業者に、実店舗運営について今後の展望を聞くたところ、「店舗とEC事業を連動させるオムニチャネル化を推進する」が53.73%にのぼった。「コロナ以前と変わらない店舗運営接客を行う」(41.79%)「コロナ以前より店舗(対面)販売を強化する」(2.99%)と続いた。少数(1.49%)だが「実店舗を閉鎖する予定」という回答もあった。

フューチャーショップが行った「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」の調査
実店舗運営について今後の展望について

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]