ネッ担まとめ

メルカリは売り手と買い手が同じ検索結果を見ます。ここが根本的にGoogleなどと異なる点ですね。どちらかに偏ると売れなくなるというデータがとっても興味深いです。

メルカリ検索は売るための検索

メルカリが検索結果に「売れた商品」も表示するのはなぜ? 商品検索におけるUI/UXの考え方 | ログミーTech
https://logmi.jp/tech/articles/321231

まとめると、

  • 検索結果からSold商品を消去すると、出品転換率、購入率、取引総額などがすべて落ちる
  • メルカリでは売る人も検索をしていて、写真の撮り方や値付けを参考にしている
  • メルカリの検索結果を構成するのは「新着性」「再現率」「適合率」

まずは売っていただいて、たくさんお得な商品……自分にとっては必要なくなったけれど、誰かにとっては価値のあるものがたくさん増えてくると、それを買おうかなと思っている人たちの選択肢が増えてくるわけです。

そうすると、売った人が売れるので売上金が入って、その人もポイントがあるから買ってみようかなというふうに、今度は買い手に回る。こういう循環がメルカリのいいスパイラルなのかなと思っています。

─メルカリ Director of Search/AI/Data Engineering 森山大朗氏

メルカリは「CtoC」とか「フリマアプリ」と言われていますが、実際は「売るためのアプリ」ということでした。だから、売れてしまった商品のデータがないと、売り手がいなくなって売れなくなるということなんですね。単純に検索のシステムをいじっているだけではわからない、ユーザー行動を分析した良い事例です。

選ばれるための努力をしてますか?

「どんなに売上がキツくてもこれだけはやる」があるか? To be first callを編集部に聞く | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/6650

まとめると、

  • 小売が目指すべきは「この商品なら、とりあえずここを探しておけばまあ間違いないだろう」と思ってもらえる存在になることこと
  • 選ばれる企業は毎月の売上もシビアに見ながら、長い目で見た施策も必ず続けている
  • 「自分たちがどうしたいか」より「お客様にどう思っていただくか」を意識している

余裕がないながらも、何か1個を買ってもらうこととは別に、お客様と長くつき合っていくために、ファンになってもらうために、どんなに売上がきつくてもこれだけは絶対にやろうというのものが必要なのではないかと、皆さんにお話をおうかがいして感じました。

─ECzine編集部 中村氏

どんなにきつくても続けていることがあるから認知され、ブランドになり、選ばれる企業になるということですね。続けていることが会社の理念につながっていることも必須です。売上がないからといって値引きをしても、売れないかブランドを毀損するだけです。

「知っている」に勝る信頼感なし

シニア層が使うECサイト上位は「楽天市場」が8割、「Amazon」が7割、「Yahoo!ショッピング」は5割超 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6476

まとめると、

  • インテージの調査によると、シニア層が利用するECサイトは「楽天市場」が83.3%で最も多く、「Amazon」が70.3%、「Yahoo!ショッピング」は52.9%。
  • シニア層はインターネット上で話題になっているものや、口コミへの関心は低く、実際に自分で試して、より良いものを自分で選んで発見するという意識が見られる
  • シニア層にアプローチしたい企業は「スマホに特化しすぎないこと」「話題性より信頼性を高めること」
シニア層の消費意識
話題性があっても品質の裏打ちがなければ買わない
ものを買うときは価格に見合う価値があるか吟味する
安いものを買うときでも品質にこだわりを持って選ぶ
気に入った商品やサービスは長く買い続ける
良い物を自分自身で発見したい
ブランドにかかわらず自分が気に入ったものが最高
ものを買うときはデザインよりも機能を重視する
人の評価にかかわらず、良い物を判断する自信がある
etc.
増えるネット利用 シニア世代が今、求めるモノ」(インテージ)より編集部でキャプチャ

3大モールに偏る理由は「信頼性」=知っているということなんでしょうね。お得感よりも安心感が優先されるようです。ただ、お金に余裕があるかどうかにも影響されるので、保有資産とか貯金残高とかの軸のデータがあるともっと参考になったと思います。

EC全般

新規顧客獲得の極意 そのために必要な視点と注意すべきポイントとは | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/6657

「ロイヤリティの高いお客様を獲得できた経路に、予算を配分していく」。リピートしてもらってなんぼです。

【楽天ペイ第三弾】導入後「ここが困る!」の声から考えた、問題の具体例と解決策 | コマースデザイン
https://www.commerce-design.net/blog-staff/190521-rakutenpay/

マネジメント層にとっては些細なことかもしれませんが、現場にはとても重要なこと。

ZOZOTOWNの「ツケ払い」をリアル店舗にも提供、ZOZO子会社のアラタナとコイニーが共同で | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6483

メルペイでメルカリの売上がリアルで使えるようになって、ZOZOはツケ払いを実店舗にも拡張。囲い込み方法は多様化しています。

配送料の値上げはいつまで続く……宅配大手は収益改善、食品通販・EC業界は大打撃 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6479

売上が増えて荷物は増えて送料が上がって利益だけが減る。こうならないように適切な値付けを。

「良い値上げと悪い値上げ」その内容と対処法 -- 今後も断続的にあるので、今すぐ対策を! | 商業界オンライン
http://shogyokai.jp/articles/-/1728

上記の記事に関連して。値上げは計画的にじわっと。

マンガでわかる子供のための"商売の基本" | プレジデントオンライン
https://president.jp/articles/-/28710

書籍のダイジェストです。子ども向けの本ですが大人が読んでもためになる本でした。

中国ECを攻略するために重要な「WeChat」の「ミニプログラム」とは? | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6472

中国にいれば当たり前でも、日本にいるとわからないことがは多いですね。

今週の名言

「芸人がこれを言い出すと120%売れない」という言葉 それは「事務所が何もしてくれない」

─カンニング竹山

「これを言い出した芸人は一生売れない」カンニング竹山が持論を展開 | AbemaTIMES
https://abematimes.com/posts/7004265

他人のせいにしているうちは結果が出ません。自分で突破するための努力が必要ですね。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム