よろしければこちらもご覧ください

Instagramは9月15日、「Instagram(インスタグラム)」上のお薦め商品やスポット、投稿を「まとめ」として公開できる新機能のテストを、日本を含む一部の国で開始したと発表した。

テストの初期段階として、一部のクリエイターやパブリッシャーのみが「まとめ」を作成できる。公開した「まとめ」は誰でも閲覧することが可能。

「まとめ」機能を使うと、作成者は「Instagram」上にシェアされているさまざまな商品やスポット(位置情報タグ)、フィード投稿を選び、タイトルや説明文を加えて記事のような形式で公開することができる。

注目しているファッション小物、近所のカフェやレストラン、お気に入りのアカウントなど、興味関心に基づいて自由にテーマを設定し、お薦めのコンテンツを簡単に紹介することが可能。

Instagramは9月15日、「Instagram(インスタグラム)」上のお薦め商品やスポット、投稿を「まとめ」として公開できる新機能のテストを、日本を含む一部の国で開始
「まとめ」機能のイメージ

公開した「まとめ」は作成者のプロフィール画面に表示され、IGTV(60秒以上の縦長動画を投稿できる機能)やリール(最大15秒の動画をフィードやストーリーズにシェアできる機能)と同様、「まとめ」専用のタブから閲覧できる。

「まとめ」を表示している画面で右上の紙飛行機アイコンをタップすると、ストーリーズやダイレクト機能で友達やフォロワーにシェアすることも可能。自分のアカウントの投稿や商品が誰かの「まとめ」に引用されると、アプリ内に通知が届く。

今回のテストには「商品まとめ」「スポットまとめ」「投稿まとめ」の3種類が含まれいる。

「商品まとめ」は、Instagramのショッピング機能を利用しているブランドの商品を引用し、「まとめ」を作成できる。写真や動画だけでなく商品名や価格も表示でき、タップすると商品詳細ページへ移動できる仕組み。商品を購入したい場合は「ウェブサイトで見る」をタップして外部ECサイトでショッピングを利用できる。将来的にはクリエイターやパブリッシャーが作成した「商品まとめ」を発見タブ内の機能「Instagramショップ」に掲載する予定。

「スポットまとめ」は、お薦めスポットの位置情報タグと、それに紐づくフィード投稿を選んで「まとめ」を作成できる。「投稿まとめ」は、フィード投稿を引用し「まとめ」を作成できる。フィードに投稿されていれば、リール動画やIGTV動画のプレビューなどを引用できる。

「投稿まとめ」は2020年5月から、米国を含む一部の国でテストをスタート。商品やスポットをまとめる機能は初めてテストを実施する。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム