通販大手の千趣会は2016年1月1日付で、田邉道夫社長が取締役に退き、常務取締役執行員の星野裕幸氏が代表取締役に就任する代表人事を発表した。

千趣会グループの中長期的な企業価値向上をめざし新たな経営戦略を打ち出すため、経営の若返りと経営体制の強化・充実を図るとしている。

星野氏は1959年12月10日生まれで、1982年に千趣会へ入社。経営戦略部長、経営企画本部長などを歴任。現在は管理部門担当、経営企画本部長、販売企画本部長。

なお、田邉社長は任期満了のため、2016年3月30日開催予定の株主総会終結後に、取締役を退任する予定。

千趣会の田邊社長は取締役に退く

2016年1月1日付で社長を退く田邉社長

千趣会は2015年、Jフロントリテイリング(JFR)と資本業務提携を締結。JFRが千趣会の発行済み株式の22%超を取得し持分法適用関連会社化、JFRが持つ百貨店などの店舗開発・運営ノウハウと千趣会が持つ商品開発力やカタログおよびネット販売のノウハウを相互活用した商品展開などを進めるとした。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]