よろしければこちらもご覧ください

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)は7月18日、7月度の定例会を開く。今回は、4月にジャスダック市場に新規上場を果たした下着ECの白鳩の池上正副社長と、コンテンツマーケティングなどを手掛けるイノーバの宗像淳社長による講演。

池上副社長の講演テーマは「ECにおけるビジョナリー経営とは?」。社長で創業者の池上勝氏が立ち上げた白鳩に、池上副社長が入社した2000年から、現在に至るまでの過程などを振り返る。「ECの経営を通じて感じたこと、発見、失敗談などを紹介」するという。

白鳩は創業者の池上勝社長が74年に設立。95年から通販を開始した。カタログ通販、ネット通販へとチャネルを転換し、店舗展開も進めている。同社の主力商品である下着はSKU単位で商品管理が必要で、早くから自社開発の通販システムを導入。商品管理、顧客などのデータを重視した経営を進めてきた。

2013年8月期業績は、売上高が29億5300万円(前期比21.9%増)、経常利益が1億1800万円(同145.8%増)、当期純利益は6800万円(前期は7700万円の赤字)。

宗像社長の講演は2部構成で、第1部では「今話題のコンテンツマーケティングとは」、第2部は「新しいECのかたち。今までのECはモノを売っていた、これからのECは情報×モノを売る」をテーマに講演する。

コンテンツマーケティングに関するKPI設定の方法などを最新事例を交えて紹介。SEO対策に有効なコンテンツマーケティングについて説明する。

定例会は、J-FEC会員の他、準会員、非会員も参加できる。詳細は次の通り。

  • 日時:2014年7月19日(土)13:30~17:00(受付は13時から)
  • 場所:東京都千代田区内神田3-18-2 神田アドミラルビル3F ハロー貸会議室神田3F
  • 参加費:正会員はセミナーと情報交換懇親会含め7000円。準会員・非会員は同8000円。セミナーのみ参加は4000円。
  • 申し込みなど詳細: http://www.j-fec.or.jp/whats_new/p/7372
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]