元プロボクサー。戦績は5戦3勝(1KO)2敗。その後の暴飲暴食がたたり現在はその面影なし。 流通・通販・インターネット通販の専門新聞の編集記者を経て、EC支援の事業会社で新規事業の立ち上げ、マーケティングを担当。その後、インプレスに入社、ネットショップ担当者フォーラムの立ち上げに参画。デスク → 現在は編集長。趣味は飲酒、地域活性化活動。
ご意見、ご感想、タレコミなどはFacebookTwitterまで。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆したニュース記事

JETROの日本産品の販路拡大策――アリババ、JD、欧州各国、TPP11締結国などと連携【4月初旬に参加者募集】

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)は4月初旬、海外のECサイトを通じて日本産品の拡大をサポートする「ジャパン・モール」事業の2019年度参加者の募集を始める。

この著者の執筆した記事

単発記事

アリババグループCEOが語る日本企業への期待 「中国向けECでチャンスをつかめ」

2015年の流通総額が4850億ドルとなり、米国のウォルマートの売上高を抜き「世界最大の流通企業」となったアリババグループ。CEOであるDaniel Zhang氏が来日し、日本企業に向けてメッセージを発しました。

単発記事

EC化を阻む「チャネル」「組織」「人」の壁、ディノス・セシールは課題をどう解決するのか

ECへのシフトを加速させる老舗カタログ通販のディノス・セシールは、“ECのスペシャリスト”を外部から登用。カタログ・テレビを主体とした通販企業はどう生まれ変わるのか?

単発記事

僕が年商20億円のEC企業の社長から、老舗カタログ通販のEC責任者に転職した理由

2016年2月、ディノス・セシールのCECO(Chief e-Commerce Officer)に就任したのが、ベンチャー企業のEC業務に一貫して携わってきた石川森生氏。なぜベンチャーから大手へ? なぜ経営者から現場に戻ったのか? 大手企業のEC人材の求人事情、転職理由などを聞いてみました。

単発記事

未曾有の事態、企業はどう動く? 熊本の通販会社えがおの活動に学ぶ

未曾有の事態が起きると、企業には経済活動だけではなく、周辺地域への支援など大きな役割が求められます。企業はどう動くべきか。BCP(事業継続計画)や地域支援といった観点から、えがおの震災後を追いました。

単発記事

「オムニ7」売上は1418億円。セブン&アイがめざす1兆円計画の現状と課題は?

2015年11月にリリースされたグループポータル「オムニ7」の運用開始から4か月。2016年2月期決算で明らかになった「オムニ7」の実績などの現状、2019年2月期に1兆円構想を実現するための課題まどをを探ってみました。

単発記事

「再春館製薬所は大丈夫」 震度7襲った熊本県益城町のドモホルンリンクル通販会社のいま

4月14日、震度7の地震に襲われた熊本県上益城郡益城町に拠点を置く通販会社、再春館製薬所。震災の影響を広報担当者に聞いてみました。

単発記事

EC事業者が選ぶ優れた通販サイト4選 ネットショップグランプリ受賞店に学ぶサイト作り

EC事業者が選ぶ優れたサイトは、他と何が違うのか。一般社団法人イーコマース事業協会が4月9日に発表した「第8回 全国ネットショップグランプリ」から、優れた店舗のヒントを探ってみます。

単発記事

あの超有名ECサイトも使う“おもてなし”ツール、活用状況から理解するWeb接客の今

「Web接客」はECサイトの売り上げUPに貢献するのか――。「フリップデスク」と「カルテ」のインフォグラフィックから、「Web接客」の現状を探ってみました。

調査データまとめ

50代が最もネット通販にお金を使う、など2015年のEC利用実態[総務省調査まとめ]

「ネット通販を使う人は右肩上がりで増えている」「ネットショッピングにお金を最も使うのは50歳代」――総務省の家計消費実態把握調査から、2015年の国内ネットショッピング利用の状況をまとめてみました。

単発記事

公取委がプラットフォームと出店者の取引実態を再び調査する理由

ECなどのプラットフォームとそこに出店する企業の取引実態調査を調査する公正取引委員。約10年の期間を経て動き出した公取委の狙いは何でしょうか。過去の出来事などを振り返り、その“なぜ?”などについて探ってみます。

単発記事

ヤフーのポイント施策はいつまで続く? 宮坂社長らが語る「Yahoo!ショッピング」の今後

「Yahoo!ショッピング」出店者の大きな関心事は、「いつまでこのポイント施策が続くのか」「ポイント施策が終わったらこの成長は止まってしまうのではないか」という点。今後のポイント施策を探ってみました。

ネッ担ムック2015『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

“変化を創造すべし” ジャパネットたかたの高田明氏が語る「これからのネット通販」

一見順風満帆な事業成長を遂げているように見えるジャパネットたかたは、外部環境の変化が逆風となることもありました。浮き沈みも味わった当時を振り返るとともに、高田明氏に今後の通販・EC業界について言及してもらいました。

ネッ担ムック2015『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

ジャパネットたかた創業者の高田明氏が語る「モノ売りが大切にすべきこと」(前編)

消費を巡る激動の時代、モノが売れない時代でも、なぜジャパネットに消費者は引きつけられるのか。高田明氏が考えるモノ売りの神髄に迫る。

単発記事

ネット通販でもイオンvs.セブン 新ECサイト「イオンドットコム」で「オムニ7」を追撃

イオンはこのほど、グループ企業が運営する通販サイトを横断して利用できるECサイト「AEON.com(イオンドットコム)」を開設。1月12日現在でグループ企業が運営する29サイトが参加している。

単発記事

2016年にネット通販事業者が注目する施策は「オムニチャネル」「越境EC」など

Socket(ソケット)がEC事業者572人を対象に実施した「2016年注目しているキーワードについて」の調査によると、EC事業者が注目する2016年のキーワードは、「オムニチャネル」「CRM」「ウェブ接客」「越境EC」などがあがった。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

ネット広告規制は見送られた消費者契約法の改正案だけど…定期販売などのECは規制されるかも

通販、EC、ネット広告業界のビジネスに影響が出ると懸念された消費者契約法の見直し問題を巡り、法改正の議論を進めていた消費者委員会専門調査会が報告書をまとめました。その内容を解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム