よろしければこちらもご覧ください

LINEは3月17日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」を通じて提供するビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」のアカウント開設数が24万件を突破したと発表した。2月に実施したECサイトなどへのアカウント解放後、約1か月で約10万件が新たに新規開設。ECサイトや個人のアカウント開設が急増した。

EC事業者や個人も「LINE@」を利用できるように刷新したは2月12日。投稿に通販サイトへのリンクを掲載し、「LINE@」でつながったユーザーを自社のECサイトに誘導することなどが可能になった。

2月11日時点のアカウント開設数は約14万件だったが、EC事業者などへの解放以降、3月12日までの1か月間で約10万件の新規開設があった。EC事業者や個人のアカウント開設が急増した格好だ。

LINE@のアカウント開設推移「LINE@」オープン化後のカテゴリ別アカウント開設割合は、「小売・飲食業などのローカルビジネス・EC」が53%を占める。次いで個人が28%。

LINE@オープン化後のカテゴリ別アカウント開設割合スイーツ販売EC事業者が「LINE@」で、限定キャンペーンのメッセージを配信したところ、アカウントを友だち登録しているユーザーの68%が、記載したURLからキャンペーンページに移動。開設数週間のアカウントによる1度の配信で、従来メルマガで行っていたキャンペーン訴求と同等の売り上げを記録した事例もあるという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル