よろしければこちらもご覧ください

「自動運転宅配の実用実験」という記事だけを見ると簡単そうに見えますが、自治体・地元住民などと調整を重ねたうえで実現しています。本格的に身近なものになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、体験するためだけに藤沢市に行ってみたくなります。

まだまだ先だと思っていた実験が始まります

自動運転の宅配「ロボネコヤマト」、まずは非対面の荷物受取から実用実験 | MONOist
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1704/17/news043.html

まとめると、

  • 「ロボネコデリバリー」は、希望する場所と時間で荷物を受け取れるオンデマンド配送サービス
  • 「ロボネコストア」は、地元商店が出店する専用ECサイト。配達にロボネコデリバリーを利用する
  • 利用料は無料。「クロネコメンバーズ」への登録(無料)は必要

ロボネコデリバリーは、ヤマト運輸の会員サービス「クロネコメンバーズ」への登録が必要だが、利用料は無料。事前に当日中の配送を予約しておけば、配送場所と時間を指定してから最短40分で荷物を受け取れる。

これはワクワクしますね~。ロボネコヤマトの車が来ただけで喜んでしまいそうです。場所は藤沢市。約1万2000世帯、約3万人が居住するということなので、人も車もそこそこいる中での実験です。続報を楽しみにしていましょう。

関連記事

配送圏内のコンビニとスーパーには脅威かも?

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/4247

まとめると、

  • 生鮮食品などを最短4時間で配送する「Amazonフレッシュ(アマゾンフレッシュ)」がスタート
  • 利用する場合は、Amazonプライムの会費3,900円(税込)に加え、月額500円(税込)が必要
  • 配送時間は午前8時から深夜0時までの間。2時間ごとの配送時間帯から指定可能

購入者には、出荷した段階で1度、出荷確認メール、アプリであればプッシュ通知を配信。配送スタッフが前の配送業務を終え、購入者の自宅へ向かう際に再度、メールもしくはアプリでのプッシュ通知を行い、配送時の不在を防ぐ方針。

プライムの会費+月額500円なら安いと思う人は多いでしょうね。深夜0時まで届けてくれるとなると、一人暮らしや共働きでも有効に活用できそうです。生鮮食品だけに不在はNGです。

スマホのアクセスは多いけどCVRが低い人は必見!

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/4236

まとめると、

  • アプリではWebサイトのような商品やページのズーム機能を実現するべき。プッシュ通知は逆効果になる場合も
  • 入力フォームは記入欄をできるだけ減らし、チェックボックスやドロップダウンを採用する
  • Apple Payなどスマートフォンだけで買い物ができるような環境を

1つの買い物プラットフォームに注力すれば良い時代は終わりました。店舗、オンライン、アプリ、それぞれのカスタマーエクスペリエンスを考えなければいけません。

ポイントはここですよね。買い物ができるところで同じ接客をするということ。どこかだけに注力しても他が必ず足を引っ張ります。しかし、これをやれば必ず伸びるわけではなく、落ちるのを食い止めるぐらいということが多いのも事実……。

関連記事

EC全般

「新品販売」と「レンタル」はユーザー属性が違う。ファッションレンタルサービス「メチャカリ」の今 | ECzine
http://eczine.jp/article/detail/4508

「忙しくて買い物に行けない働く20代の女性や、大学生になったばかりで制服から私服になり、何を着ていいのかわからないという悩みを抱えた女性像が見えてきました」。これは興味深いですね。

後払い決済サービス「NP後払い」の年間流通総額が1400億円を突破 ー 累計利用者数は1億人 | Shopping Tribe
http://shopping-tribe.com/news/36199/

「未回収リスク保証型」といえどもダメな人はダメな場合もあります。100%回収できないこともあることを知っておきましょう。

2017年のスマートフォン広告の市場規模、8,010億円と推計【サイバー・コミュニケーション調査】 | ECzine
http://eczine.jp/news/detail/4510

ここが伸びるということは、ここで買っている人が多いという証拠。

コンビニ全店全品にICタグ導入へ、経産省と大手コンビニ5社が宣言 | ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041801181/

さて、このデータは誰が使うことができるのでしょうか? ビッグデータを持たざる者はどうするかを考えましょう。

2021年、世界の小売りはどうなっている? 変わる消費者に対応する企業の投資戦略とは | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/4144

「2021年には実店舗の75%は特定顧客の来店日時を把握できるようになる」らしいです。予約制になっているんでしょうか(笑)。

名コピーは「コアなファンのひとり言」で決まる! 人を動かす言葉のつくり方 | ECzine
http://eczine.jp/article/detail/4390?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

「心の叫びを言葉にする練習」が大切とのこと。外に出ていろんな人の話していることに聞き耳を立ててみると良いかも。

今週の名言

売上ばかりが上がっても、嫁やスタッフ、お客さまの誰も幸せになっていない…。そのときにふと、『お客さまがくるから不幸になるんだ。だったら、お客さまは来なくていい』と思ってしまったんです

廃業寸前から人気旅館へ。リピート率88.6%を誇る宝生亭のファンマーケティング戦略 | シナジーマーケティング株式会社
https://www.synergy-marketing.co.jp/blog/ux-design-fan-marketing-housyoutei

SEOとかリスティング広告でアクセスを集めたのに、結果的にネッ担の人が消耗してしまうなら……。あなたはどんな答えを出しますか?

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム