現在地

不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニーが実施した宅配便の再配達に関する消費者意識調査によると、再配達を依頼することに「後ろめたさを感じる」と答えた宅配便利用者の割合は約6割だった。12月18日に調査結果の概要(前編)を公表した。

「再配達の依頼をすることについて後ろめたさはありますか?」という質問に対し、「すごくある」(21.8%)と「ややある」(41.8%)を合わせて63.6%が後ろめたさを感じると答えた。

一方、「ほとんどない」は11.1%、「全くない」は9.5%だった。「どちらでもない」は15.9%。

再配達の依頼をすることについて後ろめたさについて【リクルート住まいカンパニー調査】

再配達サービスを利用することついては、「正当な理由があれば仕方がない」という意見が大多数を占めたという。

再配達の利用経験ありは96.5%

再配達サービスの利用経験の有無を聞いた質問では、96.5%が「利用したことがある」と回答した。

再配達サービスの利用経験の有無【リクルート住まいカンパニー調査】

宅配便が届いたときに在宅していたにもかかわらず、再配達を依頼した経験があると答えた割合は10.6%。

理由は「お風呂に入っていた」(54.9%)、「トイレに入っていた」(46.3%)、「出られる状況ではあったが出たくなかった(メイクをしていなかった。パジャマを着ていたetc)」(30.5%)などが多い。

その他、「調理中だった」(7.3%)、「テレビを見ていた」(6.1%)、「電話中だった」(4.9%)、「子どもの世話をしていた」(4.9%)、「スマホをいじっていた」(2.4%)といった理由が上がっている。

「1個の荷物につき、最高で何回再配達を依頼したことがありますか?」という質問では、「1回」が67.6%で最も多い。「2回」は18.3%、「3回以上」は14.1%。

「1個の荷物につき、最高で何回再配達を依頼したことがありますか?」という質問【リクルート住まいカンパニー調査】

複数回依頼した回答者のうち、在宅していたのに再配達を依頼した人の割合は18.4%。再配達を依頼した理由は、「お風呂に入っていた」「トイレに入っていた」が多いものの、「出たくなかった」「スマホをいじっていた」という理由もあったという。

こうした結果についてリクルート住まいカンパニーは、消費者が荷物を受け取るかどうかは気分次第という傾向もうかがえたと指摘している。

調査概要

  • 調査期間:2017年9月25日~26日
  • 調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
  • 対象:全国の集合住宅に住む20~59歳の男女
  • 有効回答数:800(自宅に宅配ボックスが設置されている400人、自宅に宅配ボックスがない400人)
ネットショップ担当者フォーラム2017

EC関連の仕事をしている人の集まりで「横のつながり」作りませんか?【1/26(金)ネッ担オフ会@渋谷】

2018年1月26日(金)にネッ担オフ会を開催します。EC事業者さん、EC支援事業さんなどEC業界に携わる皆さんが抱えている課題や悩みを参加者で共有し、解決するための場です。

「横のつながりを作りたい」「課題を共有できる仲間を作りたい」などなど、「ネッ担のオフ会」はこんな考えを持っている方にぜひ参加していただきたいイベントです。

第1部のパネルディスカッションで業界の第一人者の話を聞き、第2部の交流会で来場者同士、意見交換をしていただきます。飲食を楽しみながらのカジュアルな雰囲気です。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社