現在地

再配達

単発記事

「こうすれば宅配便の再配達は減る!」55人の関係者と消費者が考えた再配達削減策

環境省が宅配便の再配達削減プロジェクトを発足させて1年。事業者と学生が再配達防止策を共に考えるワークショップが行われた。各自の知見を交えながら、熱い議論が交わされた。

6~24時の時間帯配送を実現、ロコンドが再配達ゼロめざす「ファーストクラス便」

靴やファッションのECサイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドは1月22日、午前6時から24時まで、1~2時間単位で配達時間帯を指定できる配送サービス「ファーストクラス便」を開始した。

単発記事

再配達は「問題だと思う」は7割。有効対策は「コンビニ受取」「自宅用宅配ボックス」

内閣府が12月15日に公表した「再配達問題に関する世論調査 」から、再配達問題に対する消費者の考え方や、再配達削減の取り組みへの意欲などが明らかになりました。

再配達に「後ろめたさはある」約6割、「ない」は2割強【宅配便に関する意識調査】

リクルート住まいカンパニーが実施した宅配便の再配達に関する消費者意識調査によると、再配達を依頼することに「後ろめたさを感じる」と答えた割合は約6割だった。

システム面から再配達削減を――ヤマト運輸の「EC自宅外受け取り」をEC-CUBEやカラーミーが採用

「カラーミーショップ」と「EC CUBE」が、ECで注文した商品の受け取り場所をヤマト運輸の営業所やコンビニなどに指定できる「EC自宅外受け取り」を採用した。

通販新聞ダイジェスト

配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ

ヤマトホールディングスが発表した中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」の中身は? ネット通販事業者は押さえておきたい「法人顧客プライシングシステム」などを解説。

ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割

日本労働組合総連合会(連合)が8月31日に公表した「日本の社会と労働組合に関する調査2017」によると、ネット通販の配送料を負担するべきなのは「消費者」と回答した割合が37.8%だった。

スタートトゥデイとヤマト運輸が連携、購入時に宅配ロッカーを選択可能に

スタートトゥデイは8月23日、ファッション専門モール「ZOZOTOWN」の商品の受取場所として、ヤマト運輸グループが運営しているオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」を指定できるようにした。

通販新聞ダイジェスト

国は物流問題をどう解決する? AIやIoTなどを活用する新物流大網の提言を国交省が決定

国土交通省は2017~20年度に適用する総合物流施策大綱に関する有識者検討会の第7回会合を開催し提言の最終案を決定。その内容は?

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸の大口向け運賃は15%超の値上げを想定。配送に関する改革の進捗状況は?

ヤマトホールディングとヤマト運輸は6月8日、「働き方改革」と「デリバリー事業構造改革」の進捗状況などを説明しました。その内容は?

再配達問題を考えよう! わが社の再配達削減策

再配達はどう減らす? 楽天が始める出店者への特別運賃・多様な受取方法の施策とは

「再配達削減」に向けた取り組みで日本郵便との提携を強化すると発表した楽天。ECプラットフォームとして初めて「再配達削減策」に乗り出すその内容は?

通販新聞ダイジェスト

“顧客視点”の配送サービスで付加価値、再配達削減に向けた事業者の取り組み

再配達削減につながり、かつ顧客視点に立った商品の受け取り方法はどう提供すればいいのか? 楽天と日本郵便のタッグ、アスクル、ファンケルの取り組みを紹介。

通販・EC専用商品で再配達削減の啓蒙&ラベルレスで廃棄物削減[アサヒ飲料の取組]

アサヒ飲料は5月22日、通販の再配達削減を呼びかけるメッセージを外装ダンボールに印字した、通販専用のミネラルウォーター「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売する。環境省が推進する地球温暖化対策プロジェクト「COOL CHOICE」に賛同した取り組み。

宅配ボックス設置で再配達率が43%から15%に減少、配送業務は17時間/月の削減効果

宅配ボックスの再配達削減効果に関する実証実験を行ったパナソニックと京都市、京都産業大学は3月19日、宅配ボックスを設置したことで再配達率が43%から15%に減少したとする調査結果を公表した。

日本郵便の再配達削減施策、ロッカー利用にポイント付与などキャンペーンを延長

宅配便の再配達の削減に取り組む日本郵便は9月29日、宅配便の荷物を郵便局や宅配ロッカーなどで受け取った顧客にポイントを付与するキャンペーン「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャ ンペーン」を延長すると発表した。

【再配達削減】ECカートと日本郵便が連携、システム面から配送サービス拡充

EC支援サービスを手がけるハンズは9月21日、ASPショッピングカート「e-shopsカート2」と「e-shops クレヨン」において、日本郵便が提供している「コンビニ・郵便局窓口受取サービス」とシステム連携したと発表した。

物流会社の関通が個人宛て荷物の会社受取制度を導入、国交省はオフィス受取を推進

物流アウトソーシング業務などの関通は国土交通省が官民連携で推進する「再配達削減」に賛同し、「個人あての宅配荷物を会社で受け取れる制度」を7月1日に導入した。

物流問題は「通販事業者と宅配事業者、消費者の相互理解と未来に向けた協力を」

日本通信販売協会(JADMA)の阿部嘉文会長は6月23日、都内で開催された定時総会後の懇親会の挨拶に立ち、通販業界全体で配送問題の解決に取り組む必要性を通販業界各社に訴えかけた。

配送コストは3人に1人が「意識しない」、宅配便に関するネット通販利用者の意識調査

プラネットがこのほど実施した「宅配便に関する意識調査」によると、通販利用者の3人に1人は配送にかかる労力やコストを意識しておらず、若い世代ほど配送コストを軽視する傾向が高い。

再配達ゼロはどうすれば実現できる? 宅配ロッカーの利用率UPめざす住宅分譲会社の取組

三井不動産レジデンシャルと宅配ロッカー大手のフルタイムシステムは4月17日、マンションにおける宅配ロッカーの利用効率を高める新たな取り組みを開始した。

楽天が自社でポイント負担する再配達削減キャンペーン、1回の受取でポイント3倍を付与

楽天は4月14日から、「楽天市場」で買い物し、商品を配達1回で受け取るとポイントを通常の3倍付与するキャンペーンイベントを始めた。期間は4月17日9時59分まで。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社