公文 紫都 の執筆記事(人気順)

1~50(全 112 記事中)

ファッションブランドは非常事態をどう乗り切る? 「STAFF START」の「デジタル接客」がコロナ禍でも強い理由

自宅で過ごす時間が増えたことで衣料品の買い控えが起きている。ファッションブランドは生き残りをかけてどんな対策を講じたらいいのか?「STAFF START」への取材を通じ、「デジタル接客」の可能性を探る
公文 紫都2020/4/24 9:005990
単発記事

最強ニトリの物流を支える「ホームロジ」が取り組む衝撃の“流通革命”とは。キーマンが全容を語る

33期連続の増収増益を達成し、34期目も連続更新への期待がかかるニトリ。物流事業を担うグループ会社のホームロジスティクスを直撃し、デジタル活用・物流の観点から見たニトリの強さの秘訣と、同社が挑む“流通革命”の詳細を探る【前編】
公文 紫都2020/5/15 9:0012120
ネットショップ担当者フォーラム 2019 セミナーレポート

BEAMSとfifthの事例に学ぶ売上&ファンを増やし続けるECサイト運営 ~スタッフ主導のコンテンツ作りにおける動画・画像の活用法を徹底解説 ~

人気ファッションECサイトを運営するBEAMSとfifthが取り組んでいるのが、アパレル業界で浸透しつつあるスタッフによるコーディネート情報発信。動画と写真をフル活用して売り上げを伸ばす両社の取り組み例を紹介する
公文 紫都2020/1/27 8:00194368

VR×CGの次世代型EC。没入感を演出する「VRコマース」は、実店舗、EC店舗に次ぐ第3の販売チャネルになる?

TUG Group はVRとCGを活用し、実店舗をバーチャルに再現する取り組みを行っている。そのままECと連携させることで、よりリアルな買い物体験に近いオンラインショッピングを実現できる。
公文 紫都2020/5/26 7:0050121
単発記事

「世界No.1メンズスキンケアブランドに」。売上2倍成長のバルクオムが見据えるグローバル戦略とは【野口社長インタビュー】

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムは、メンズスキンケアブランドにおいて世界No.1シェアをめざしている。「2028年までに達成したい」という野口卓也代表取締役CEOが語る、グローバル攻略を見据えた今後の展開と好調な売上要因は?
公文 紫都2020/10/7 9:005091941

日本進出した米国発の体験型ストア「b8ta」は何がスゴイ? 「販売を主目的にしない」ビジネスモデルを解説

米国発の体験型ストア「b8ta」が8/1、東京・有楽町、新宿に2店舗を同時オープン。b8ta Japanカントリーマネージャーの北川卓司氏が語った、日本上陸の理由や今後の展望とは
公文 紫都2020/7/29 9:0067231

新型コロナで本業の収入が実質ゼロも、「巣ごもり消費」で通販事業が急伸!ECで売上減をカバーする東急スポーツオアシスの事例

新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり消費」を受け、東急スポーツオアシスのオリジナルホームフィットネス器具の通販売上が伸びている。
公文 紫都2020/4/20 9:004870

【2021年予測】Shopifyが示す5つの小売・ECトレンド。成長のカギは「若年層」「地域ビジネス」

Shopifyは、2021年の小売・ECのトレンドを予測する初の年次レポート「Future of Commerce 2021」を発表。グローバルと日本の市場環境から見た5大予測とは?
公文 紫都2020/12/9 9:009240

「緊急事態宣言」で三越伊勢丹HDがECサイトの一部を臨時休業

三越伊勢丹ホールディングスは政府の「緊急事態宣言」を受け、一部のECサイトを臨時休業すると発表した
公文 紫都2020/4/7 18:50580

緊急事態宣言後の化粧品EC事業者の対応&状況まとめ(4月13日時点、随時更新)

4月7日に政府から発令された緊急事態宣言を受け、化粧品EC事業者の対応をまとめました
公文 紫都2020/4/13 12:002331
単発記事

D2Cビジネスで重要なのは「動機」と「希望」。クラシコム青木社長×Takram佐々木氏が語る「ECの未来」【第2回】

デジタル化が加速する「ECの未来」について語る、クラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏×ヤプリ金子洋平執行役員によるパネルディスカッション。その模様を紹介する2回目の記事。テーマはD2C、ブランディング【全3回】
公文 紫都2020/11/16 8:00978611
単発記事

花王が楽天、Facebookと仕掛けた「シャンプーEC市場獲得施策」とは? 売上2倍の実績を出した事例を解説

「自前主義は限界に来ている」と考える花王。ヘアケア商品「GUHL LABORATORY」発売時に、楽天、Facebookと共同でマーケティング施策を展開した。「売上2倍」の実績が生まれたその概要とは?
公文 紫都2/1 9:0082360
単発記事

コメ兵を卒業する藤原義昭氏に聞く「転職理由」「EC・小売業の振り返り」「DX推進の成功ポイント」など【インタビュー】

2021年3月末での退職を発表したコメ兵ホールディングス執行役員の藤原義昭氏に、転職理由からDX推進を成功させるための心得などを聞きました
単発記事

200万円以下の無人店舗が登場! 最新テクノロジーで「店舗KPI」を見える化する「AI STORE LAB」探訪記

企業向けのセキュリティソリューション「SECURE」を提供するセキュアは、アイスタイルグループとのコラボにより、次世代型無人店舗「AI STORE LAB」の実証実験を開始している。顔認証による入店、AIカメラによる来店客のデータ取得など、最新テクノロジーを活用しながらも、驚きの低価格を実現。その全容は?
公文 紫都2020/8/24 8:009130
単発記事

D2Cとは? なぜ「ブランディング」が競争戦略になる? クラシコム青木社長×Takram佐々木氏が語る「ECの未来」

デジタル化が加速する「ECの未来」について語る、クラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏×ヤプリ金子洋平執行役員によるパネルディスカッション。その模様を紹介する1回目の記事。テーマはD2C、ブランディング【全3回】
公文 紫都2020/11/9 8:00137485
ネットショップ担当者フォーラム 2019 セミナーレポート

流通額2000億円を超えたLINEショッピングの活用法とは? ECビジネスの拡大に役立つプッシュ&プル型マーケ事例

LINEショッピングが、開始から1年半で流通額2000億円を突破した。堅調な成長を続ける背景には、LINE社が手がけるメッセージアプリ、決済アプリ、企業公式アカウントなど各種サービスとの連携と、そこから得られる膨大なユーザーデータの利活用にある。プル型&プッシュ型のマーケティング成功事例を紹介するとともに、LINEショッピング急成長の理由と、2020年に向けた展望に迫る
公文 紫都2020/1/23 9:00415200

売上は3年で10倍、ニーズが落ち込む夏も2.2倍で伸びる高価格帯入浴剤「BARTH」。ヒットを生んだTwitter活用事例

1袋900円(3回分)と高単価帯の入浴剤「BARTH(バース)」。ブランドの立ち上げから3年で売り上げは10倍、年平均300%の売上成長を続けている。ヒットのきっかけはユーザーのTwitter投稿にあった
公文 紫都2020/10/29 9:0033190

【社長インタビュー】流通額2.8倍、1100億円突破の「STAFF START」。デジタル×販売員の力でめざす「カリスマ店員新時代」とは

年間流通総額1100億円を突破した「STAFF START」。「販売スタッフがもっと正当に評価される」社会にするため、2021年に何を仕掛けるのか? 小野里寧晃代表取締役に話を聞いた
単発記事

ニトリグループの最新技術を活用した「共同配送事業」「新・配車システム」構想とは

ニトリのグループ会社ホームロジスティクスが最新技術を活用した“流通革命”に乗り出した。2020年秋から順次スタートする壮大なプロジェクトの概要とは? キーマンのホームロジ・深作康太氏を直撃【後編】
公文 紫都2020/5/18 8:001540
PR

コロナ禍で来店客急減!札幌のチョコレート店が挑んだ知識・経験ゼロからのEC運営で手にした新たなビジネスチャンスとは?

「Saturdays Chocolate」は新型コロナ感染症拡大後、ECに初めて取り組む担当者が独学で得た知識を元にECサイトをオープン。2か月で運営開始できた秘訣は「Wix」と「PayPal」導入にあるという
単発記事

花王の最新テクノロジーを活用した顧客接点作りとは? 49万人の「友だち」とつながるパーソナルスキンケアサービス誕生秘話

スマホで利用できるパーソナルスキンケアサービス「肌id」を提供する花王の「SOFINA iP」。サービス開始1年未満で、連携するLINEのアカウント登録者数は50万人に迫る勢い。商品利用経験のないファン層の拡大、外国人観光客への店頭接客ツールとしても活用されるなどブランドの認知・利用率向上に貢献している
公文 紫都2020/5/12 9:0047134
ネッ担ウェビナーアーカイブ

UNITED ARROWS green label relaxingは、”ブランドの強みを生かしたオンライン接客”でコロナショックを乗り越える。Twitter、インスタライブ活用例

ECエバンジェリストの川添隆氏モデレーターのもと、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのデジタル担当・多原亜矢子氏を招きウェビナーを開催。コロナショックで店舗一時閉鎖のなか、SNSを活用したオンライン接客でどのようにファンとの接点を作り続けたか、運用の工夫や効果を紹介した
公文 紫都2020/6/24 9:00254131
単発記事

「体験こそがブランド価値」「3年後を見据えた動画作り」。Takram佐々木氏×クラシコム青木社長が語る「ECの未来」【第3回】

小売りやEC企業のためのブランディング、動画への投資はどのように考えればいいのか? そんな課題を解決するためのヒントが見えてくるクラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏によるディスカッションを紹介【全3回】
公文 紫都2020/11/24 8:00136485
米国のEC事例から学ぶビジネスのヒント

新型コロナで実店舗の一時閉鎖→ライブコマース強化。自称“世界一面白いお店”「SHOWFIELDS」のEC事例

米国事例① “世界一面白いお店”を自称するニューヨーク発のSHOWFIELDS。D2Cブランドを集めた店舗作り、俳優の卵が実演販売するショー形式など先進的な取り組みで注目を集めています
公文 紫都2020/5/25 8:001671

「Shopify」のEC連携POS機能、「BASE」からの移行ツール、JCB・PayPay決済など新サービスまとめ

Shopify Japanは日本市場向けに新サービスを発表。実店舗とECサイトの在庫や売り上げを一元管理できるPOS機能、決済サービスの拡充、「BASE」から「Shopify」への移行ツール、フリーランス向けの教育プログラムの提供などを順次開始する
公文 紫都2020/9/30 11:00362413

「b8ta」日本上陸から5か月。日本市場における「体験型店舗」の可能性とは?

米国発の体験型店舗「b8ta」が東京に2店舗オープンしてから5か月が経過。日本でも体験型店舗は受け入れられるだろうか? 日本市場における体験型店舗の可能性を探る
公文 紫都1/12 9:009170

緊急事態宣言で買い物意識はどう変わった? 各世代でECシフトの動き【1万人の買い物意識調査】

4万店舗が参画する生活者と店舗・ブランドをつなぐプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」運営元のグランドデザインは、新型コロナ支援策として「安全な買い物情報」の提供を行うと同時に、消費者の買い物に対する意識変化調査を実施。1万人を対象にした調査結果を公表した
公文 紫都2020/5/8 12:002080
単発記事

コロナ禍でニーズ急増の産直EC。「食べチョク」が進める生産者・消費者の課題を解決する物流構想とは?【責任者インタビュー】

産直EC「食べチョク」の「食べチョク物流構想」とは? リリース済みのヤマト運輸やOKIPPAとの連携を始めとし、今後もさまざまな展開を検討しているという。責任者が全容を語る

市販コスメでリピート率7割。「サブスク+プロ美容家のアドバイス」で客を惹きつける「COSMETRO」のビジネスモデルとは

サブスクリプションモデルを取り入れた美容サービス「COSMETRO」。花王、POLAなど80社、200以上のコスメブランドを扱い、1~2万円相当のコスメ+美容家からのアドバイスをセットで6,980円で展開している。「COSMETRO」のビジネスモデルに迫る
公文 紫都2020/7/21 10:003181
単発記事

「接客しない」に挑む大手百貨店の挑戦。無人ポップアップで「試着は店頭、購入はECで」の新しい販売スタイルの成果とは?

そごう・西武は、コロナ禍での新たな取り組みとして販売員が常駐しない「無人ポップアップストア」を展開した。大手百貨店による挑戦と、1週間の実施で得た気づきを紹介する。
公文 紫都2020/12/21 8:0010291
ネッ担ウェビナーアーカイブ

ECで力を入れるのは「モール店 or 自社EC」ではなく「両方注力」を! ECエバンジェリスト川添隆氏が解説

メガネスーパーをはじめとするビジョナリーホールディングスのEC事業、オムニチャネル推進などデジタル戦略の統括を行う傍ら、全国のEC担当者を支援するECエバンジェリストの川添隆氏。川添氏がWithコロナを生き抜くための、ECのセオリーについて改めて語る。
公文 紫都2020/9/15 9:0076171
PR

ガリバーのサイト刷新で起きた「表示スピード遅延」の悲劇。解決に導いたSpelldata社の対策と「SmartJPEG」導入の効果

中古車販売と買取の「ガリバー」(運営はIDOM)のWebサイトは、リニューアル後に表示スピードが遅延する事態に。それを救ったのが企業のWebパフォーマンスチューニングサービスのSpelldata社と画像軽量化ソフトウェアの「SmartJPEG」。トラブル要因から解決までの道のりを解説します
公文 紫都2020/9/8 9:00675511
ネットショップ担当者フォーラム 2019 セミナーレポート

1日1万件以上受注する大規模ECサイトにも対応のECプラットフォーム「Magento」の強みとは?

Adobeによる買収で注目を集める「Magento」は、多言語・多通貨対応のECプラットフォームだ。越境ECに取り組む事業者必見の、複数サイト一元管理機能や、複数拠点在庫管理機能について、国内事業者向けにMagentoの導入サポートを行うベリテワークスのCTO 西宏和氏が紹介する。
公文 紫都2020/2/19 8:002381

肌色計測ツールの「ZOZOGLASS」で何ができる? ZOZOのコスメEC参入と戦略まとめ

ZOZOが2021年3月18日に開設したコスメ専門モール「ZOZOCOSME」。「ZOZOGLASS」など計測ツールを活用し、ECでのコスメ購入ハードルを下げるといった狙いなどがある
公文 紫都3/24 9:002040

ナノ・ユニバースが「STAFF START」を導入。導入企業初、商品画像とスタッフコーデを同時掲載

ファッションブランドの「ナノ・ユニバース」が、店舗スタッフのデジタル接客と貢献度の可視化をサポートする「STAFF START」を採用したと発表。導入企業としては初となる、スタッフによるコーディネート画像を商品一覧ページに併せて表示する形式を採用している
公文 紫都2020/10/13 10:0024430

heyが「STORES」など傘下のEC、決済、予約事業の3社を統合。コロナ禍でのオンライン需要急増に対応

EC開設・運営の「STORES」をはじめ、決済、予約事業のグループ企業を傘下に持つheyは、事業子会社3社を統合し連携を強化する
公文 紫都2020/12/10 9:00440

LINEとSTAFF STARTが業務提携。オンライン接客のパーソナライズ化に向け、「LINE STAFF START」を共同開発へ

「STAFF START」を提供するバニッシュ・スタンダードとLINEが、業務提携を締結。新サービス「LINE STAFF START」の共同開発を行い、2021年秋頃のローンチをめざす
公文 紫都5/17 9:003640
ネッ担ムック2019『ネットショップ担当者フォーラム 2019 年間特集号』ダイジェスト

あなたのECサイト運営業務、丸ごとサポートします! ECのスペシャリストが支援、多店舗運営で売上即3倍の実績も

楽天出身の社長が率いる「コマースメディア」のサービスと求める人物像とは?
公文 紫都2019/11/20 9:0060120
ネットショップ担当者フォーラム 無料ウェビナー

ECの立ち上げがうまくいっていない中小EC実施企業の方へ。コストと品質を最適化する従量課金型の「シェアリング物流」とは

「シェアリング物流」は、「皆でシェアして使った分だけ支払う」という従来の「通常課金型」とは全く異なる物流の利用形態。早く・安く・簡単にECを立ち上げられるシェアリング物流の実態を紹介
公文 紫都2020/7/3 9:005474
PR

D2Cビジネスで成功するには? SUPER STUDIO真野氏がEC事業者に「NP後払い」と「atone」の併用を勧める理由

日本でもムーブメントを起こしている「D2C」。成長著しいビジネスモデルとして注目を集めるが、従来のメーカー通販とは何が違うのか。成功する秘訣はあるのか。D2C企業を支援するSUPER STUDIOのエヴァンジェリスト 真野勉氏が、D2Cビジネスの基礎から適した決済手段までを紹介
公文 紫都2020/3/31 11:00165170
単発記事

EC業界の有識者が選んだ「冬休みにオススメの作品」&2021年に向けてのエール

EC業界の有識者14名が、全国のEC担当者の皆様に読んで&観ていただきたい作品を紹介!合わせて2021年に向けたエールもいただきました
公文 紫都2020/12/25 9:00423153
単発記事

商品購入への影響80%以上、売上4倍のデータもあるレビュー施策。運用負担なく導入できる「ReviCo」を知っていますか?

商品購入や売り上げへの影響が多いとされるレビュー施策。ECパッケージ「ecbeing」を提供するecbeingはレビューの最適化ツール「ReviCo」を自社開発し、2019年9月からEC事業者へ提供を開始している。ReviCoの導入により自社ECサイトにもたらされるメリットとは?
公文 紫都2020/4/1 9:007751
単発記事

ワコールが「顧客名簿の統合」「基幹システム刷新」「配送センター集約」で挑むデジタル変革とは【EC責任者へのインタビュー】

ワコールのECシステムが大きく変わろうとしている。2022年に実施予定という顧客名簿の統合、基幹システム刷新、配送センターの集約など、その全容をEC部門のトップが語った
公文 紫都2020/11/2 9:00860
単発記事

【2021年ECトレンド予測①】奥谷孝司さん、川添隆さん、藤原義昭さん、村山らむねさんが見るEC業界

EC業界の有識者14名が、2020年の振り返りとともに2021年のECトレンドを予測します(全3回)。1回目は、オイシックス・ラ・大地 奥谷孝司さん、ECエバンジェリスト 川添隆さん、コメ兵 藤原義昭さん、スタイルビズ 村山らむねさん
単発記事

アーバンリサーチのコロナ禍におけるUX対策。データ転送量軽減&サイト軽量化でSTAY HOMEのEC需要対応事例

アーバンリサーチでは新型コロナ対策による「STAY HOME」で、ECサイトへのアクセスが伸びている。こうした環境下で実施した、ECサイトの軽量化やページの表示速度の向上施策を解説する【キャンペーン情報あり】
公文 紫都藤田遥2020/7/31 9:0050120

【新型コロナ】手作りパンを子どもが集まる施設で無料配布、自宅時間を楽しめるパンの冷凍生地キットも販売

手作りパンを販売するグルマンマルセは工場を併設していることから生産ルートを確保しやすい。また過剰生産による余剰もあることから、商品を子どもが多く集まる施設に無料でパンを送付するサービスを1ヶ月間展開。今後、医療関係者への無償提供も検討するという。
公文 紫都2020/4/16 12:00330
単発記事

搬送ロボット、自動梱包機器など最新テクノロジーを駆使したSGホールディングスの次世代型物流センター「Xフロンティア」とは

SGホールディングス(SGHD)の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内、「シームレスECプラットフォーム」では自動搬送ロボット「EVE」や「OTTO」、自動梱包機など最先端のテクノロジーを駆使した設備が稼働している
公文 紫都藤田遥2020/8/17 9:00751

【新型コロナ対策】AI アシスタント小型ロボット「PLEN Cube」、非接触で従業員の体調管理ができる「健康チェック版」を製品化へ

2020年7月、顔認証機能を持つ AI アシスタント小型ロボット「PLEN Cube」から、非接触型自動健康チェック版が登場予定。センサーによる検温と毎日の感染症初期症状に対応した自動問診を組み合わせることで、医療、介護などのエッセンシャルワーカーや、物流・配送センター等、出勤を必要とするスタッフの健康管理を行う
公文 紫都2020/4/28 11:002030
物流女子の旅

物流ロボットが働く次世代物流センターの中はどんな様子? 省人化や生産性向上を実現する「Xフロンティア」【現場レポート】

SGHDの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」では、自動棚搬送ロボット「EVE」や無人搬送ロボット「OTTO」、自動梱包機など最新技術が稼働。一般的に必要とされる人員の半分で物流業務を行っています【物流女子の旅:連載3回目】
藤田遥公文 紫都2020/8/26 9:002740
単発記事

タワーレコードのオンラインシフト施策。ニューノーマルが生んだECの新しい役割と顧客接点づくり

「タワーレコード」は、新型コロナで影響を受けている実店舗の売り上げや集客力をカバーし、顧客接点を維持するため、従来リアルで行ってきたサイン会やライブのオンラインシフトに注力している。タワーレコードのEC強化策とは?
公文 紫都藤田遥2020/9/29 9:003110

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]