博報堂は11月21日、生活者を対象とした2019年の景況感や行動意欲などに関する意識調査の結果を公表した。「収入が増えない」といった理由から、家計の景況感予測は2年ぶりに悪化に転じている。調査は2015年秋から毎年実施しており、今回で4回目。

家計の景況感は「悪くなる」が「良くなる」の2倍

「来年の『自分の家計状態」は、今年と比べてどうなると思いますか」という質問では、「良くなる」の割合が16.5%だったのに対し、「悪くなる」は29.5%で約2倍の開きがあった。「変わらない」は54.0%。

昨年(2017年)の調査と比べて「良くなる」の割合が1.7ポイント減り、「悪くなる」は5.4ポイント増えた。

博報堂は生活者を対象とした2019年の景況感や行動意欲などに関する意識調査の結果を公表
自身の2019年家計予想

「悪くなる」と予想する理由の1位は「収入額が増加しない・減少」(31.2%)。2位以下は「支出が増加」「消費税などの増税」「退職・休業で収入源が減少」「物価が上昇」と続いた。

一方、「良くなる」と予想した理由の1位は「給料などの収入額が増加」(31.3%)だった。2位以下は「就職などで収入源が増加」「今年より出費が減少」「希望的観測」「節約や家計管理を実践」となっている。

2019年に始めたいことは男女とも「運動・筋トレ」が1位

2019年に「思い切って始めたいこと」があるかという質問に対し、「ある」と答えた割合は30.8%だった。

始めたいことの1位は男女ともに「運動・体操・筋トレ」(36.5%)だった。男女別の上位項目を見ると、男性は収入を増やすこと、女性は運動やダイエットへの意欲が強い。

男性は上位が「運動・体操・筋トレ」(31.0%)、「副業」(30.1%)、「投資・資産運用」(25.9%)、「趣味・習い事」(23.8%)となっている。

女性は「運動・体操・筋トレ」(41.3%)、「貯蓄」(32.1%)、「ダイエット・食事制限」(29.4%)、「趣味・習い事」(29.3%)。

博報堂は生活者を対象とした2019年の景況感や行動意欲などに関する意識調査の結果を公表
2019年に始めたいこと

参加したいイベントは「初詣」「花火大会」

2019年のイベントへの参加意欲を聞いた。

「来年(2019年)、行ったり、参加したいと思うものはどれですか」(複数回答)という質問に対し、上位は「初詣」(36.9%)、「花火大会」(30.2%)、「お花見」(30.0%)、「自分へのご褒美旅行」(24.4%)、「節分に恵方巻きを食べる」(20.9%)だった。

2018年に参加した経験の割合と、2019年の参加意向の割合の差を見ると、「自分へのご褒美旅行」(7.8ポイント増)、「花火大会」(6.9ポイント増)、「フードイベント」(5.8ポイント増)が上位となっている。

博報堂は生活者を対象とした2019年の景況感や行動意欲などに関する意識調査の結果を公表
2019年のイベント参加意欲

調査概要

  • 調査地域:全国11都市
  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査対象:20~69歳の男女3900人(男性1938人、女性1962人)
  • 調査時期:2018年10月4日~9日
  • 企画分析:博報堂生活総合研究所
  • 実査集計:H.M.マーケティングリサーチ
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム