現在地

越境ECでの不安は翻訳、問い合わせ対応、配送の3つが大きいですよね。この不安は海外から買う人たちも同じことなので、購入代行のツールで詳しい人に間に入ってもらえば、みんなハッピーになるはず。

注目すべきは「国」じゃなくて「言語」だった!

商品詳細をがっつり翻訳しなくても売れる!? 越境ECについてジグザグの仲里さんに聞いてきた | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/5664

まとめると、

  • 越境ECに向いているのは「翻訳しなくてもいい商品」を扱うお店。見た目でわかることが重要
  • 外国人ウケしそうな商品をわざわざ仕入れる必要はない。オペレーションが煩雑になりリスクが増えるだけ
  • 「国」を対象にするのではなくて「言語」を対象にすることで売る相手が明確になる

越境ECがおもしろいのは、アメリカやヨーロッパから注文がたくさん来ているけれど、実は欧米人が買っているわけではない、といったことが起きること。注文者の名前を見ると、キムさん、リーさんといった方々が多くて、欧米に住んでいるアジア人の方々が買ってくださっていたりする。理由を探っていくと、現地のサイズでは大きすぎて、背格好の似ている日本のサイトから探して買っているということがわかったりします。

アメリカで売るのか、ヨーロッパで売るのか、といった話自体に意味がないということですね。自分たちと背格好が似ている人を相手にするのであれば、言語で考えるのはとってもわかりやすいです。すでにある海外からのアクセスを活かしてお手軽に始めることができる仕組みなので、とりあえず始めてみると良さそうです。記事に出てくる釣具屋さんのように、何もしていないのに海外に売れてしまうかもしれません。

ECで「買い物する理由」「買い物しない理由」

ECで買わない理由は「会員登録が面倒」「手に取って確認できない」「送料」「信頼性」が上位 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/5432

まとめると、

  • 調査対象約2万人のうち、インターネットで購入しないと答えたのは6740人
  • 買わない理由上位は「実際の商品を手に取って確認できない」(22%)、「送料がかかる」(20%)など
  • 「ファッション用品」は、購入前の情報収集チャネルと実際の購入チャネルのどちらもリアル系が多い

インターネットで商品を購入しない理由
「実際の商品を手に取って確認できない」(22%)、「送料がかかる」(20%)、「ネットショッピングの信頼性が低い」(15%)、「個人情報のセキュリティが不安」(13%)、「会員登録が面倒」(12%)。

インターネットで商品を購入する理由
「店頭に行かなくても良い」(71%)、「店頭よりも安い」(53%)、「自宅まで運んでくれる」(51%)、「ポイントが貯まる」(42%)、「24時間購入できる」(41%)。

買わない理由はセキュリティ面の不安や面倒くささ。買う理由は安さと便利さ、ということですね。商品単価などで変わってくると思いますが、ユーザー動向の目安にはなります。かといって、ここだけを追い求めるとモールが競合になってくるので、自社で買う理由をユーザーに聞いてみましょう。

売ることよりも受れてからを気にする時代

受注しても売上にならない「物流危機」 EC事業者にしかできない解決策とは | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/5663

まとめると、

  • ユニークユーザー数やCVRがどれだけ向上しようとも、発送できなければ売上にはならない
  • EC事業者ができる物流危機の緩和策のポイントは、ユーザーから配達日数そのものに対してや受取方法についてのパーミッションを得ること
  • ユーザーがその商品をすぐに必要としていないことがわかれば、宅配業者は配達ピークを分散できるはず

お客様から新規項目のパーミッションを得るためにはECサイト上で十分な告知が必要であり、同時にショッピングカートや受注システムの改変が必要となります。一方、各社ごとに異なるスペックでは埒が明かないでしょう。業界統一基準のごときものが必要かと思います。今こそ業種を超えた協力体制が必要なのではないでしょうか。

受注して発送すれば完了という時代は終わっています。EC事業者がユーザーと密に連携し、受け取りについてこまめに決めることで、物流危機の緩和が期待できるというのが、この記事を書いた笹本さんの意見です。配送業者の選択だけなく、受け取り方法も選択できるような仕組みも考えてみましょう。

EC全般

「1年以内に、母の日の贈り物をした」:51.9%|博報堂生活総研「生活定点1992-2016」
http://seikatsusoken.jp/teiten/answer/1024.html

母の日に贈り物をした人との「似てるかもグラフ」がとっても役立ちます。

【クイズ】違反行為を探せ!正答率5%!ベテラン店長でも気づかないやりがちな楽天のペナルティ・違反点数制度とは? | コマースデザイン
https://www.commerce-design.net/blog-staff/180514-penaltyquiz/

AIか何かで自動的にチェックできるようにならないですかね……。

メルカリの流通総額は2480億円(17/6)、今期は「ZOZO」超え3000億円突破の見込み | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/5423

楽天のフリマアプリ「ラクマ」、販売手数料を3.5%に改定 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/5424

2つあわせてどうぞ。メルカリの手数料は10%なのでこうなりますよね。

消費者の4割、スマホLPの打消し表示を見落とす…消費者庁調査 | 通販通信
https://www.tsuhannews.jp/51966

わかるようにするとそこだけ目立ってしまうので……と思いますが、買う側のことを考えてわかりやすく。

EC利用者の58%はアマゾンで商品検索をスタート。グーグルのSEOだけでなくAmazon内の表示対策が大切な理由 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/5422

「Amazonに無いものはない」と思っているからこそのこの行動。

家に取りに来てくれる出品代行サービス「トリクル」開始 | ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/11/news112.html

「売上金から手数料30%を引いた額が依頼者に入る」。何もしないでこれはありがたいです。

今週の名言

ECサイトを本業としていない中小企業の経営者の99%はeコマースのことをよく理解していないといってもいい

中小企業のECサイト運営がうまくいかない理由は、初期段階の判断ミスに有り | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/5374

これは私も同感です。理解していないというか理解しようとしていない。にもかかわらず細かいことには口を出す。上手くいかない典型的なパターンですね。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社