現在地

IRCE

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

オムニチャネルでCVR18%増やRPV20%増を実現、EC売上世界3位Staplesの最新事例

eコマース売上高世界3位で、オフィス用品世界最大手Staples(ステープルズ)はオムニチャネルの実施で、コンバージョンレート(購買率)が18%増になるなど、著しい成果を発揮しています。同社のExecutive Vice President であるFaisal Masud氏がオムニチャネル戦略とは。ステープルズの成功を解説。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンの顧客を自社サイトに誘導できる米国の新広告「Amazon Product Ads」に注目

世界最大のECイベント「IRCE2014」の初日に終日実施された、アマゾンを活用して売り上げを最大化するための専門セミナー「Amazon & Me Workshop」。日本ではまだ提供されていない米アマゾンだけの新プロダクトに関する詳細などをリポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

最新のオムニチャネル事例が分かる! リアルとネットを融合する米国大手小売店のアプリ体験記

米国ではオムニチャネルは当たり前。日本のリテーラー、通販・EC企業も知っておきたい、新しい「買い物体験」を創り出す米国の大手リテーラーの取り組みを、私の実体験を基に紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

企業の命運を分けるのは「顧客視点経営」、米国EC企業から見る勝ち残るために重要なこと

米国の小売店やEC企業はオムニチャネルやモバイル対策、スマホアプリ対策などさまざまな手を打ち、顧客との関係性を作ろうとしています。日本でも今後、モバイル戦略が企業の命運を分けることになるかもしれません。米国の小売・EC市場におけるモバイル事情を紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

米国EC市場でも課題のデバイス対策 「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」とは?

米国最大のECカンファレンス「IRCE2014」に参加しましたが、日本のEC事業者、EC関連事業者にまず伝えたいこと。それは、米国でも「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」が課題となっているということです。グーグルの検索、リソースや手間の問題…デバイス戦略は日本も米国のEC企業でも抱える問題は共通しています。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

通販物流の倉庫内作業はロボットが行う時代に~元小売&EC店長が見た米国フルフィルメント事情

600社を超えるEC・通販支援のベンダーなどが参加する「IRCE」の展示会場では、100社を超える物流関係のサービス会社が出展。米国でもいかに物流コストを削減し、効率化していくのかということが課題となっているのでしょう。「IRCE」のイベント会場から見た、米国ECのフルフィルメント事情などをお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

IRCE展示企業の時流はやっぱり「オムニチャネル」~元小売&EC店長が見た米国ベンダー事情

会場内に600以上の企業が各種サービスや製品を展示し、来場する世界のリテーラーに案内する「IRCE」の出展ブース。展示会場で目にしたり耳にするキーワードはやっぱり「オムニチャネル」。イベント会場における世界のEC企業とベンダーとのマッチング状況から、世界のEC業界の時流を探ってみます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

リアルとオンラインで効果を引き出す米国スキンケアブランドのオムニチャネル~IRCEレポート

日本のネット通販業界、マーケティング業界などでは今、毎日のように「オムニチャネル」に関する記事を見かけます。先日米国のシカゴで開かれた世界最大のECイベントIRCEに足を運びましたが、米国のEC業界でも「オムニチャネル」は主役中の主役だったと実感しました。今回は世界80カ国以上で化粧品を販売するスキンケアブランドによる、ポイントプログラムを活用したオムニチャネル事例を解説。実店舗とオンラインでともに効果を出したスキンケアブランドの取り組みを紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

お客とつながり続ける為に必要なこと―IRCEで米国EC企業が示した多様化する顧客接触方法

2014年6月のイベント開催で10年目を迎える世界最大のEコマースに関する勉強会と展示会「IRCE」(Internet Retailer Conference & Exhibition)2014に参加してきました。ソフトバンクの孫正義社長も指摘しているように、アメリカの最新事例が日本に影響するのは約半年後から1年後。IRCEに参加し、学んできたことをレポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

EC企業が知っておきたい世界最大級の通販イベント、今後やるべきことが分かる「IRCE」とは

世界最大のネット通販のイベントで、Eコマースの最新情報を求めて世界40か国から1万人以上のEC関係者が参加する「IRCE(アイアールシーイー)」。先端のネット通販事情が分かるIRCEは、日本のEC事業者にぜひ知ってもらい、足を運んでもらいたいイベントです。なぜなら、今リテーラーがやるべきことが分かり、それが日本でのビジネスのヒントになるからです。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国最大級ショッピングモール、スターバックス等の実店舗誘導アプリ

米国の消費シーンではどのようなスマートフォンのアプリが使われているのでしょうか。実店舗への送客サービスのアプリだけで数億ドルを売り上げる「shopkick」、スターバックスのスマホアプリを使った顧客獲得サービスなどを体験。顧客にさまざまな体験やサービスを提供する店舗誘導を行うアプリサービスが数年後には日本でも浸透している可能性も高い?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

グーグルはなぜ宅配事業をするのか? 米国では当日配送の物流サービスも !

米国ではネットショッピングに関するグーグルの検索シェアが低下。それに危機感を抱いたグーグルは、食品や日用品を数時間で宅配するサービスを展開しています。こうした米国市場における新たな動きをご紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

米国最大の百貨店メイシーズでオムニチャネル体験。 ネットで注文し店舗で受け取ってみた

「見ると聞くとは大違い」というのはよくあります。日本でも耳にするようになった「オムニチャネル」。このマーケティング手法については米国の方が進んでいると言われています。そこで当社が開催した6月の米国流通業界視察ツアーで、私自身が米国でオムニチャネルを経験してみました。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国企業のオムニチャネル~ウォルマートのオムニ戦略

小売企業に勤めていた経験があり、ECサイトの店長もしていました筆者が、米国の小売店などを訪問し、オムニチャネルを経験。自らの店頭経験、元ECサイトの店長目線から見た、リアルなオムニチャネル最新動向をお伝えします。
最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

なぜ米国アマゾンは無人機ドローンを飛ばすのか? 米国宅配事情から分かる物流の重要性

米国アマゾンが取り組む無人飛行機による商品配送、自社トラックによる配送といった取り組み、米国の宅配事情を踏まえ、自社で物流をコントロールする重要性を説明。米国アマゾンが今後取り組むと考えられる配送部門の戦略などについて紹介する。

「世界のEC市場は2014年に1兆5046億ドル規模へ」~IRCE責任者が語った今後のEC

世界最大規模のEC専門カンファレンス&展示会「IRCE(Internet Retailer Conference&Exhibition)」の責任者、クレイグ・ドゥーリー氏が来日し、9月17日に会見を行った。ドゥーリー氏はアジア(香港)で初めて開くIRCEアジアの概要、世界のEC市場の動向などについて説明した。

いつも.が米国最大のECイベント「IRCE」の公式パートナーに、将来は日本開催も視野に

EC総合支援の、いつも.は7月3日、世界最大のECイベント「IRCE(アイアールシーイー)」などの展示会運営を手掛けるGLMと「IRCE」公式ライセンスパートナー契約を締結したと発表。日本での「IRCE」の認知、普及、米国のEC情報の発信を手掛ける。

米国最新事例の講演DVDの一部を動画で無料配信、IRCEと提携のいつも.が開始

EC総合支援の、いつも.はこのほど、4月上旬から販売を始めた、世界最大級のEコマースイベント「IRCE」の講演を収録したDVDの一部動画の無料配信を始めた。DVDは全6タイトルを動画配信し、1本あたり2分程度にまとめている。

いつも.、米国イベント企業と提携し、海外最新EC事例コンテンツの日本展開を開始

EC総合支援のいつも.は、世界最大級のEコマースイベント「IRCE」などを主催する米George Little Management(GLM)と業務提携。米国の最新EC事例についての講演などが行われる「IRCE」のコンテンツを日本で独占販売する。同カンファレンスは世界のEC業界で最も知られたECイベント。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!