現在地

消費行動

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

消費者は買い物時にどのチャネルの情報を参考にしているの? 4412人に聞きました

商品ごと年代別で、消費者が商品購入時に参考とする情報に違いはあるのでしょうか。こんなテーマで20代以上の男女4412人にアンケートを実施し、消費行動を探ってみました。

商品購入の検討時にネットで調べる情報は「商品スペック」「レビュー」「価格比較」

ニールセンデジタルの調査レポートによると、大手ECサイトの利用者が商品購入時にインターネット上で検索する情報の上位は「商品のスペック」「レビュー」「複数ショップの価格」だった。

デジタル広告の影響力はTV・紙媒体に匹敵! 広告が消費行動に与える影響とは?

マーケットリサーチ事業などを手掛けるGfKは5月17日、デジタルメディア広告が消費者の購買行動に与える影響力は、TVや紙媒体などマスメディアの広告と同程度に達しているとする調査結果を公表した。

ネット通販で伸びた商品、伸び悩んだ商品は?[2016年の家計消費状況調査]

総務省が2015年から始めたネットショッピングによる家計の消費実態把握調査。2月7日公表のインターネットを利用した支出額の2016年平均値(速報)に加え、17日に確報ベースの支出状況を公開した。

ネット通販の利用世帯が初の3割超え。ECでの1か月の平均支出額は8502円[2016年]

総務省が2015年から始めたネットショッピングによる家計の消費実態把握調査。2月7日に公表した2016年12月分速報値で、ネットを利用した支出額の2016年平均(速報ベース)などが明らかになった。

「大きな買い物は検討していない」。消費増税前の“駆け込み”を検討しない人は約8割

マネーフォワードが実施した「お金のニュースに関する意識調査」によると、2017年4月から予定されている消費税の引き上げを前に、「大きな買い物」を検討していない人は約8割にのぼることが明らかになった。

女性の4割は「広告」を意識して商品購入・サービス利用する。男性は3割未満

東京都が都内に住む20歳以上の男女3000人を対象に実施した「都民の消費生活に関する意識調査」で、商品購入・サービス利用時に「広告」を意識する割合は女性の方が多いといった調査結果が明らかになった。

買い物プロセスに男女の違い。男は「ネット、屋外広告」 女は「友人、チラシ」などを重視

「男女購買行動特性の調査」を実施したハー・ストーリィと成城大学経済学部神田ゼミ女子学生5人の共同調査によると、購買行動のプロセスに男女差が認められることを統計的に証明できたという。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!