物流

スクロール360が食品EC物流に対応した冷凍冷蔵・定温倉庫を東京と千葉に拡大

4温度帯での商品保管、出荷などのほか、ギフト対応、販促同梱物の制御なども行う
藤田遥6/25 7:00110

ECの満足度につながるのは「送料の安さ」「商品数の豊富さ」が上位。物流2024年問題で消費者は「送料アップ」を懸念

持続可能な物流のため、EC・通販事業者ができる手立てとは。また、ECのどのような点が顧客満足度につながりやすいのか。アンケートの結果からヒントを探る
高野 真維3/14 7:30110

リピート率UPするためのCRM施策、マーケティング戦略立案のポイントなどを学べるオンラインセミナー【3/19開催】

WUUZY、スクロール360、ジーニー、ファブリカコミュニケーションズ、ACROVEは3月19日(火)に「最新トレンド戦略&売上アップ術」をテーマにしたオンラインセミナーを開催する
藤田遥3/6 7:00110

LTVを最大化させる集客手法、購入率アップ施策、物流ノウハウを学べるオンラインセミナー【3/14開催】

ジェイフロンティア、スクロール360、SAKIYOMIは3月14日(木)に「集客、物流、購入率UP」をテーマにしたオンラインセミナーを開催する
藤田遥3/1 7:30130

「物流2024年問題」、集客&CRMの最新トレンドについて学べるオンラインセミナー【2/14開催】

E-Grant、スクロール360、これからは2月14日(水)に「集客、物流、CRM」をテーマにしたオンラインセミナーを開催する
藤田遥2/8 7:30110

大網、新拠点での物流業務を本格稼働。ロボットや自動化機械で「省力化」「効率化」を推進

ホビーECの大網は新たな物流拠点の本格稼働をスタートした。国内需要のほか、越境ECの拡大も踏まえ、物流のさらなる効率化を図る
高野 真維2023/12/8 7:30360

アスクルが物流センターと補充倉庫間の商品移動計画にAI需要予測モデルを活用

AI(人工知能)需要予測モデル導入で、予測精度向上、入出庫の作業工数削減を達成した
藤田遥2023/12/5 7:00110

物流2024年問題、CRM、Amazon攻略法、D2Cの成功事例などが学べるWebセミナー【12/5開催】

ライフェックスは、売れるネット広告社、そばに、wevnal、キャッチボール、スクロール360との合同Webセミナーを12月5日(火)に開催する
藤田遥2023/11/24 8:30110

「配送を急がないオプション」の利用意向は87%。約7割が「送料がネックで購入を諦めた経験あり」

MMD研究所の「ECサイトの配送とクイックコマースに関する調査」によると、クイックコマースの認知は39.0%、利用経験は16.8%だった
藤田遥2023/10/25 7:30340

物流代行サービスを初期費用・固定費不要の従量課金制で提供、プロロジスとSTOCKCREWの業務提携で実現

プロロジスとSTOCKCREWが業務提携、小規模EC事業者向けの物流オペレーションを拡張する。自立自走型ロボット(AMR)を100台導入し、標準化した物流オペレーションの提供で完全従量課金制のサービスを実現した
高野 真維2023/10/6 7:00110

CBcloud、はぴロジ、トランコムが通販・EC事業者向けに共同展開するラストマイル配送「ピックゴー宅配」とは

物流3社は、荷主企業やエンドユーザーに対してより多くの付加価値を提供することを狙いとした配送サービスを共同で提供する。各社の強みを生かした新サービスの詳細を解説する
高野 真維2023/10/5 8:00110

LTVを高める「広告」と「物流」戦略について学べるオンラインセミナー【10/17開催】

スクロール360、アナグラム、シッピーノは「LTV」「リピート率」の向上をメインテーマにしたオンラインセミナーを10月17日(火)に開催する
藤田遥2023/9/29 7:30110

JR東日本の新幹線荷物輸送トライアル、東京駅で過去最大の約200箱を荷下ろし。新たな物流インフラの構築へ

JR東日本グループが実証実験を続けている新幹線荷物輸送。2023年9月は東京‐長野間をトライアルの対象とし、約700箱の荷物輸送を行う
高野 真維2023/9/26 7:30130

エアークローゼット、3.3万か所の郵便局とローソンを返却拠点に追加。日本郵便との連携でサブスク服の利便性アップ

服の月額性サブスクリプションで知られるエアークローゼットは日本郵便との連携を開始。これまでの取り組みに続き、物流事業者との連携を強化する。自社サービスのさらなる利便性向上を狙う
高野 真維2023/9/7 8:30131

CO2を5.1トン、輸送台数を205台削減。アスクルが花王、コクヨと「発注量の平準化に関する実証実験」で得た成果とは?

実証実験を行うにあたり、EC事業者起点でAIを活用したシステムを開発。発注量の平準化で物流センターの庫内作業効率化なども成果も得られた
藤田遥2023/8/31 7:30110

スクロール360、「物流倉庫見学」の特設サイトを開設。見学会を3拠点で随時開催へ

スクロール360は、2023年9月以降は見学会を随時行う。見学会は少人数制で行い、参加は無料
藤田遥2023/8/25 7:00210

フューチャーショップ、EC物流代行の富士ロジテックHDと連携開始

フューチャーショップは富士ロジテックホールディングスと連携。物流全般のアウトソーシングを展開する企業との連携で、フルフィルメントのサポートを手厚くする
高野 真維2023/8/24 7:00120

ヤマト運輸、玄関前配達サービスと連携。オートロック+宅配ボックスの空きなしでも「置き配」可能に

ヤマト運輸とファミリーネット・ジャパンの協業により、不在時でもオートロックを開錠できるシステムの運用が始まった。再配達削減、物流負担軽減をねらう
高野 真維2023/7/26 7:30390

ヤマト運輸が「メール便」「ネコポス」を順次終了。メール便・小型薄物荷物領域は配送を日本郵便に委託へ

メール便領域は「クロネコゆうメール(仮称)」、小型薄物荷物領域は「クロネコゆうメール(仮称)」に刷新。配送面を日本郵便に委託する
高野 真維2023/6/20 7:302190

コマースメディア&ロジレス&クラダシが登壇するオフラインイベント「Shopify Plus Meetup」【7/6開催】

セミナーには、コマースメディアの井澤孝宏氏、受注管理システム(OMS/WMS)を提供するロジレスの足立直之氏が登壇し、運用事例を紹介する
藤田遥2023/6/19 6:00110

ECの受注処理を効率アップさせる秘訣とは? 出荷の自動化ノウハウを学べるセミナー【6/22開催】

コマースメディアとロジレスはECの受注処理効率化セミナー&交流会を6月22日(木)に開催
高野 真維2023/6/14 7:00240

倉庫内を見学&売り上げアップの戦略を学べるセミナー「物流セミナー&倉庫見学会」【5/25(関東)・26(関西)で開催】

スクロール360は倉庫見学会を5月25日(木)に関東で、物流セミナー&倉庫見学会を5月26日(金)に関西で開催する
藤田遥2023/5/8 6:30120

【再配達・置き配の意識調査】「再配達問題に関心あり」が94%。配送員の負荷削減に協力的な意見が多数

ネット通販の利用増加に伴い、宅配便の受け取り頻度が増えた人が多いようだ。さらに、再配達問題に関心がある人は大多数を占めている。調査結果から再配達・置き配の消費者意識を解説する
高野 真維2023/4/26 8:30260

「楽天24」の物流センターが東京都八王子市で稼働開始。関東地方の中心拠点として新設

「楽天24」の流通が伸長し、既存の物流センターの稼働率が上がったことを受け、新たな物流センターを開設した
藤田遥2023/4/21 7:30120

オルビスが流通センターに導入した最新のAMR(自律走行搬送ロボット)とは?

国内では事例が少ない倉庫ピッキング作業におけるAMRの本格実用化で、省人化&効率化を達成し、倉庫内出荷作業の生産性および顧客利便性のさらなる向上をめざす
藤田遥2023/2/21 7:00220

倉庫内を見学&売り上げアップの戦略を学べるセミナー「物流セミナー&倉庫見学会」【2/22開催】

スクロール360は物流セミナー&倉庫見学会を2月22日(水)に開催する
藤田遥2023/2/1 7:00120

SBSグループがEC物流に本格参入、“第2の柱”に。2030年までに売上高1000億円計画

SBSグループはEC物流のワンストップサービス「EC物流お任せくん」を提供開始した。2030年にEC物流関連売上高1000億円をめざす
高野 真維2023/1/5 7:30770

イケアが物流業務の自動化で作業効率が8倍に。店舗の倉庫内にロボット自動倉庫システム「オートストア」で実現

イケア・ジャパンはIKEA Tokyo-Bayの倉庫を国内のイケア店舗で初めてオートメーション化した。作業効率は従来の8倍になったという
高野 真維2022/11/30 7:30120

「Yahoo!ショッピング」でヤマト運輸が配送する商品購入時、ID未連携でも配達状況を確認できる機能を提供

「クロネコID」と「Yahoo! JAPAN ID」を連携していないユーザーでも、商品の配送状況を確認できる
藤田遥2022/11/21 10:00130

売り上げアップの秘訣を学べるセミナー&倉庫内を見学できる「物流セミナー&倉庫見学会」【10/28開催】

スクロール360は物流セミナー&倉庫見学会を10月28日(金)に開催
藤田遥2022/10/11 9:00220

アスクルが物流センターに自律走行型協働搬送ロボットを導入。従業員の長距離歩行負荷軽減&生産性が約1.8倍向上

アスクルは、物流センター「ASKUL Value Center 日高」に、34台の自律走行型協働搬送ロボット(AMR)を導入。従業員の長距離歩行負荷軽減と生産性向上を実現した
藤田遥2022/6/23 7:00140

EC自動出荷システム「LOGILESS」、5周年を記念したインフォグラフィックを公開

ロジレスは、EC自動出荷システム「LOGILESS」の5周年を記念し、インフォグラフィックを公開した
藤田遥2022/2/24 8:00220

アスクルが大型物流施設「ASKUL 東京DC」を公開。在庫商品数を増やし、ロングテール商品も「明日来る」を実現

アスクルは、東京都江戸川区に竣工した物流施設「ASKUL 東京DC(ディストリビューションセンター)」のメディア向け見学会を実施した
藤田遥2021/7/15 8:00230

楽天と日本郵便が新たな物流プラットフォームの構築など戦略的提携で合意。モバイル、金融などでも協業

楽天と日本郵便は12月24日、持続可能な物流環境の実現を目的とした戦略的提携に向け、基本合意書を締結。物流DXの推進と新たなプラットフォーム構築をめざす
藤田遥2020/12/25 10:00631

中国EC大手のJDグループも採用したAI搭載の無人ロボットが日本市場へ展開

物流機器販売などを手掛けるジャロックが、AI搭載型の無人搬送車を販売するマルイノベーションと国内販売代理店契約を締結した。
渡部 和章2020/2/21 11:00970

タナックスが「段ボールの改善ヒント集」を発行。段ボール改善から荷主事業主の「ホワイト物流」をサポート

Just fit BOX(ジャストフィットボックス)を提案するタナックスが、「段ボールの改善ヒント集」を発行。あわせて「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛成し、自主行動宣言を事務局へ提出した
藤田遥2020/2/7 7:00430

MonotaRoが物流倉庫に導入した無人搬送ロボット「Racrew」の効果とは?

日立製作所が開発した「ラックル」を154台導入し、生産性を2倍に引き上げる
渡部 和章2017/4/14 11:001750

通販・ECの緩衝材に6割が不満。「手間がかかる」「ゴミが増える」「邪魔」

緩衝材としてエアークッションが使用されていた場合は「再度、使用する」に62.2%が回答
瀧川 正実2015/6/18 6:004761

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]