現在地

経済産業省

単発記事

公取委がプラットフォームと出店者の取引実態を再び調査する理由

ECなどのプラットフォームとそこに出店する企業の取引実態調査を調査する公正取引委員。約10年の期間を経て動き出した公取委の狙いは何でしょうか。過去の出来事などを振り返り、その“なぜ?”などについて探ってみます。

経産省がECのルールを定めた準則を改定。AIスピーカーによるネット通販の規則などを追加

経済産業省は7月27日、電子商取引(EC)など対して関連法規がどのように適用されるかを明記した「電子商取引及び情報財取引等に関する準則(以下、準則)」を改定した。

ECサイトも省エネ法の規制対象へ――「事業者を荷主と捉えて省エネ取組を求めるべき」

企業の省エネ対策のあり方などを検討してきた、経済産業省の「総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 省エネルギー小委員会」は8月4日、通販事業者も「省エネ法」の対象に含める必要があるとする提言をまとめた。

42社の最新ソーシャルメディア活用の事例集など。EC企業は目を通しておきたい報告書

「ozie」(柳田織物)、ピーチ・ジョン、ジーユー、ファンケルなどの通販・EC企業、ナショナルブランドまで8業種42企業が実施している最新のソーシャルメディア活用をまとめた調査報告書を、経済産業省が4月11日に公表した。

ニッセンが販売した折り畳みテーブルで負傷事故、約4000台の自主回収を開始

カタログ通販大手のニッセンは6月23日、輸入・販売した折り畳みテーブル「フリーテーブル」について、購入者が金具部に指を挟み負傷するという事故が発生したとして、対象商品4044台の自主回収を始めた。

EC市場は12.8兆円に拡大し、EC化率は4.37%に上昇。2014年のBtoC-ECの市場規模調査

経済産業省が5月29日に公表した「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2014年のBtoC-EC市場規模は12兆7970億円で、前年比14.6%増となった。

オンライサービスの本人確認手続きに関するコンテストを開催、経済産業省

経済産業省は10月16日、オンラインサービスの本人確認手続きの問題点を解決するビジネスモデルの創出を目指し、「ID連携トラストフレームワーク・ビジネスモデルコンテスト」の応募を開始した。優秀なビジネスモデルを表彰し、実際に個人情報を渡した実証試験を経産省と共同で行うことができる。経産省認定ビジネスモデルとうたうこともできるようになるほか、経産省が行うID連携に関するセミナーなどで随時紹介していくとしている。

官民で小規模企業のネット販売を支援へ、政府が小規模企業振興基本計画を閣議決定

政府は小規模企業振興基本法に基づき、小規模企業振興基本計画を策定、そのなかで重点施策としてネット販売を活用し、小規模企業による国内外の需要開拓を促進すると明記した。

 

2013年のBtoC向けEC市場は17.4%増の11兆円、EC化率も3.7%へ拡大―経産省調査

経済産業省は電子商取引に関する市場調査を行い、2013年のBtoC(消費者向け電子商取引)の市場規模は前年比17.4%増の11兆2000億円だったと公表した。商取引の電子化が進み、ECの市場規模の拡大が続いている。

日本のファッションEC市場は2020年に2.6兆円規模へ、海外進出の課題も提示~経産省調査

経済産業省は「日本ファッション産業の海外展開戦略に関する調査」を実施。日本のファッションEC市場は2013年の1.4兆円から、2020年には2013年比85.7%増となる2.6兆円まで拡大する見通しを示した。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社