業界動向

E-Commerce Magazine Powered by futureshop

ECモール出店者は知っておきたい「取引デジタルプラットフォーム消費者保護法」の基礎&EC事業者への影響とは

2021年5月に施行された「取引デジタルプラットフォーム消費者保護法」はどのようなものなのでしょうか? EC事業者への影響などとあわせて解説します
E-Commerce Magazine2/16 8:00440
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の国内EC流通総額は5兆円で伸び率は約10%増【2021年度の実績まとめ】

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「新春カンファレンス」で、「成長速度はどんどん加速している。2030年を待たずに国内EC流通総額10兆円を実現できるのではないか」と話している
瀧川 正実2/15 10:008131
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

まさにランチェスター戦略!「茶色い焼きそば」が「大磯屋」というブランドになるまでの話【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2022年2月7日〜13日のニュース
森野 誠之2/15 8:004980

家電EC専業大手のエクスプライスをDCMホールディングスが買収

ECに強みを持つエクスプライスとリアルに強みを持つDCMホールディングスグループの連携で、EC事業のリアル店舗活用や相互送客、非家電領域での商品ポートフォリオ拡充、物流のスピードアップとコストダウンなど、さまざまな事業上のシナジーが発揮できると考えている
石居 岳2/14 9:30820
徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

期間限定販売などは最終申込画面で「販売期間」表示を求める改正特商法。消費者庁が示した「ガイドライン」の内容は?

ASP、モール、パッケージソフトなどを使用手居るEC事業者はベンダー企業への確認、ベンダー企業は「通信販売の申込み段階における表示についてのガイドライン」に沿った改修が急がれる
瀧川 正実2/10 10:0090475

【Zホールディングス2021年3Q取扱高】ショッピング事業は約1.2兆円で約13%増、eコマース全体は約2.6兆円で約10%増

「ショッピング事業」「リユース事業」「サービス・デジタル事業」「アスクルBtoB」「その他」を合算した中間期におけるeコマース取扱高は、同9.5%増の2兆6388億円
石居 岳2/10 8:00370
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約2.5兆円、ドルベースで230億ドル【Amazonの2021年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2021年(2021年1~12月)売上高は円ベースで2兆5378億1000万円。ドルベースでは230億7100万ドルで前期比12.8%増
瀧川 正実2/10 8:0042131
印刷通販ラクスルのDX戦略

大規模な業務改革を成功させる秘訣とは? ラクスル流プロジェクトの進め方

業務の8割を自動化。リピート率改善にも寄与した「スピードチェック入稿」実現の裏側(連載第3回)
高城 雄大2/9 8:00471
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

悪質な業者が目立つのっておかしくない? 健全化への取り組みは事業者からユーザーに発信を【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2022年1月31日〜2月6日のニュース
森野 誠之2/8 8:001770
通販新聞ダイジェスト

アフィリエイト広告規制、広告主に表示責任求める。管理指針は2022年夏をめどに策定【検討会の報告書案まとめ】

消費者庁はアフィリエイト広告について、広告主の責任を明確にしました。悪質広告主には景品表示法で厳正に対処する方針です
通販新聞2/7 8:009231

米Amazonがプライム会員費を値上げ、年会費は119ドルから139ドルへ。理由は「賃金や交通費の上昇」「サービスの継続拡充」

米Amazonは、値上げの理由に、プライム会員特典の継続的な拡充、賃金や交通費の上昇をあげている
瀧川 正実2/4 10:10990

Amazonの2021年売上は4698億ドルで21%増、日本円で51兆円。直販ECは2ケタ増の2220億ドル、初公開の広告サービスは311億ドル

Amazonが2月3日に2021年度の決算を発表、新型コロナウイルス感染症拡大で売上高は好調に拡大している
瀧川 正実2/4 10:0334140

車を商品の受け取り場所にする「車内置き配」。KDDI・ヤマト運輸などがデジタルキーを活用した実証実験

車を商品の受け取り場所にする「車内置き配」はすでに中国で進んでおり、「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は2018年から始めている。
通販新聞ダイジェスト

消費者庁が機能性表示食品の届け出「外部化」を推進。事前点検を活用し手続きの短縮&業務ひっ迫解消につなげる

機能性表示食品の届け出が増加しており、消費者庁の業務がひっ迫しています。消費者庁の伊藤長官は「外部化」について言及しました
通販新聞2/2 8:00520

日本郵便が始める返品・回収物流向けサービス「e発送サービス 宛先ご指定便」とは

ファーストユーザーとして、ZOZOが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が2月3日から利用を始める
瀧川 正実2/1 8:00250
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

楽天グループの国内EC流通総額が5兆円を突破。国内百貨店売上高を上回る【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2022年1月24日〜30日のニュース
森野 誠之2/1 8:001860

商品を検討時に利用するのは18-34歳で「Amazon」が46%、35歳以上で「楽天市場」が52%

ニールセン デジタルが発表した「Nielsen Online Shopping Report 2021」によると、2021年の日本におけるEC利用動向
石居 岳1/28 10:0033140
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「国内EC流通総額10兆円構想」「モバイルとのシナジー」【2022年新春カンファレンス講演要旨】

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が「新春カンファレンス」に登壇。「国内EC流通総額10兆円構想」「楽天モバイルとのシナジー」「コロナ禍の楽天市場」「サステナブル消費への対応」などについて講演した
瀧川 正実1/28 9:0031143

【楽天SOY2021】総合グランプリは2年連続で上新電機、2位はエクスプライスの「XPRICE楽天市場店」、3位は「アルペン楽天市場店」

「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2021(楽天SOY2021)」は、「楽天市場」に出店する5万店舗以上のなかから、「購入者からの投票」「2021年の売り上げや受注」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する
瀧川 正実1/26 16:4544442

オイシックス・ラ・大地の物流センターで配送トラブルが発生した理由

オイシックス・ラ・大地によると、物流センター移転初日に大量の商品が想定していなかったタイミングで同時入荷するなど受け入れが混乱、その他の多くの工程に波及したという
石居 岳1/26 9:001470
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

売れるヒントがあふれている今、中小ECがやるべきこととは?【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2022年1月17日〜23日のニュース
森野 誠之1/25 8:001690
通販新聞ダイジェスト

OMO推進、ITの内製化、デジタル人材への投資強化――コロナ禍におけるファンケルの取り組みとは【社長インタビュー】

コロナ禍で苦境が続く化粧品業界ですが、ファンケルはOMO推進、グローバル化、新規事業へのチャレンジなどで成長をめざしています
通販新聞1/25 7:00230
ネッ担のムック/調査報告書

法人間のオンライン取引「BtoB-EC」をこれから始めたい企業・実施企業は必見!『BtoB-EC市場の現状と将来展望2022』発売

市場全体の動向、分野ごとの動向、事業者の動向、周辺事業者の動向、ユーザー企業の動向までを調査。BtoB-EC市場に参入しようとする企業必携の1冊
ネットショップ担当者フォーラム編集部1/20 13:002590
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「リテールメディア」はEC事業者を幸せにできるのか?【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2022年1月10日〜16日のニュース
森野 誠之1/18 8:0012121
通販新聞ダイジェスト

【2022年市場予測】通販・EC企業約600社に聞いた今年の通販市場。7割が「市場は拡大する」、現状の消費動向は5割が「横ばい」

通販新聞社は通販企業約600社に2022年以降の通販市場の予測、景況感についてのアンケートを実施。73%が「拡大する」と回答しました
通販新聞1/18 7:008162
デジタルコマース注目TOPIX presented by 電通デジタル

今さら聞けないソーシャルコマースの基礎。Instagram起点のEC施策を詳しく解説

2020年に追加されたInstagramのショップ機能をはじめ、ますます利便性が高まっているソーシャルコマース。「結果的に買い物に対する満足度が高くなる」理由とは?(連載7回)
志村 美咲1/17 8:0028164

D2Cソファブランド「ヨギボー」のウェブシャーク、ブランド本体のYogibo LLC.を買収

ウェブシャークの2021年7月期における売上高は168億円で前の期比76.8%増、経常利益は46億9000万円で同約3.5倍と急拡大している
瀧川 正実1/13 10:4513100
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

2021年のEC業界振り返り & 2022年に起こりそうなことまとめ【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2021年のニュースと2022年の展望
森野 誠之1/11 8:0018181

購買行動に影響を受けるインフルエンサーからの情報源は、男性YouTube、女性はInstagram【ソーシャルコマース定点調査】

「ソーシャルコマースに関する定点調査2021」では、消費者の購買行動におけるSNSやインフルエンサーの影響度合いやその内容を時系列に分析している
石居 岳1/7 8:006170
通販新聞ダイジェスト

ジャパネットグループの「社員自ら出社したい」「在宅よりも快適に働ける」をめざした新オフィスとは

ジャパネットグループは福岡・天神に新オフィスを開設しました。部・課を超えたコミュニケーションを期待する執務エリア、運動や仮眠もできる多目的エリアを設けています
通販新聞1/7 7:00680

2020年の化粧品EC市場は3757億円で20%増。2021年は約11%増の4166億円の見込み

化粧品市場全体(2兆7502億円)に占める化粧品EC事業の割合は同4.0ポイント上昇し13.7%。なお、化粧品ECを含む化粧品通販市場は5641億円
石居 岳1/5 8:00490
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの国内EC流通総額(2021年)が5兆円を突破

楽天グループは次なる目標として、国内EC流通総額10兆円突破をめざすとしている
瀧川 正実1/5 7:001390
通販新聞ダイジェスト

【2021年EC・通販業界まとめ】「コロナの影響」「SDGs」「ライブコマースの活況」など業界10大ニュース

2021年に通販業界で起きた主な出来事やニュースを通販新聞編集部が20項目程度に絞り込み、読者アンケートを受けてランキング化。コロナ禍の影響や「SDGs」「ライブコマース」などがランクインした
通販新聞2021/12/24 11:308120

Instagramきっかけの商品購入経験は38.0%、デジタルギフト利用経験は24.5%【スマートフォン利用実態調査】

MMD研究所が発表した「2021年版:スマートフォン利用者実態調査」によると、スマートフォンの1日平均利用時間は「2時間以上3時間未満」が最多
藤田遥2021/12/24 9:0012130

カインズが東急ハンズを買収、2社の強みを生かし「DIYを日本の文化として生活に根付かせる」

東急ハンズの2021年3月期業績は、売上高が前期比34.7%減、営業損益は44億7300万円(前期は1億8100万円の営業利益)、71億3600万円の当期純損失(同13億3400万円の営業損失)と悪化していた
瀧川 正実2021/12/23 10:00350
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

ネット上で悪評・クレームが多い通販事業。アフィリエイト広告は規制強化の方向へ【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2021年12月13日〜19日のニュース
森野 誠之2021/12/21 8:0031160
単発記事

【越境EC・海外向けECに必見の一冊】世界30の国・地域のECデータを把握できる書籍『海外ECハンドブック2021』

『海外ECハンドブック2021』は、アジア太平洋、欧州、北米、中南米の主要30か国・地域のEC市場規模や詳細なEC市場データ、越境EC市場規模、EC利用者の推移、EC市場データランキングなどを定量データとしてまとめた一冊
ネットショップ担当者フォーラム編集部2021/12/21 7:00170

フィードフォースが買収したフラクタとは? 連結子会社化の狙いは?

フィードフォースは、12月24日付でフラクタの発行済株式総数160株のうち、既存株主から82株を6億1900万円で取得する
石居 岳2021/12/20 9:002100
PR

越境の壁「決済」「物流」「マーケティング」を乗り越える方法&市場のポテンシャルとは?日本市場に注力するペイパルが解説

越境ECに関して中小企業が抱える壁を乗り越えるためのポイント、リスクを抑えながら越境ECを始める方法などをペイパルが解説
吉野 巨人2021/12/20 7:002751
単発記事

顧客データの一元化が重要な理由&D2Cをする際の重要ポイント&今後押さえておくべき「2つのC」

コロナ禍におけるBtoCコマースの現状、最新トレンド、消費者の期待、コロナ禍による変化などを解説します【第3回:エッジでのショッピングが加速】
笹 俊文2021/12/17 8:00130

アマゾンのID決済サービス「Amazon Pay」新バージョン導入で売上高が平均45%アップ

「Amazon Pay」の新バージョンは「Amazon Pay Checkout v2(V2)」。ecbeingはECプラットフォーム提供企業として初めて「Amazon Pay V2」に対応、その導入結果を発表した
瀧川 正実2021/12/16 9:00550
通販新聞ダイジェスト

アフィリエイト広告規制を強化へ。商品・サービスの「供給主体性」の解釈を明確化、共同で事業活動を行う関連事業者も規制対象に

消費者庁は「アフィリエイト広告」の規制をめぐる検討で、景品表示法の執行を強化します。官民連携の情報共有体制の構築、広告への管理強化を進める方針です
通販新聞2021/12/15 7:309403
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

実店舗歴62年、EC歴12年。とある新小岩の焼き鳥屋さんが長続きしている理由とは?【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2021年12月6日〜12日のニュース
森野 誠之2021/12/14 8:003481

動画広告を見た後に「商品・サービスを購入した」消費者は39%、「検索する」は5割

動画広告を視聴した後に消費者が取る行動について、「ノート/デスクトップPCでその商品・サービスを検索する」と「モバイル/タブレットでその商品・サービスを検索」するが、いずれも50%
石居 岳2021/12/10 7:0012240

コロナの影響で売上減の法人に最大250万円、個人事業主に最大50万円を給付する新たな制度「事業復活支援金」とは?

「事業復活支援金」は、地域・業種問わず、固定費負担の支援として、5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括給付する制度
瀧川 正実2021/12/9 9:0064302

コスメのネット通販、購入先トップは「Qoo10」、2位はAmazon、3位「楽天市場」。自社ECは4位で10.8%

最も利用しているECサイトは「Qoo10」で51.4%。2位は「Amazon」で15.5%、3位は「楽天市場」で12.5%、ブランドによる公式ECの利用は10.8%
石居 岳2021/12/8 9:3053150
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループ「共通の送料込みライン」の公取委審査は終了へ。改善策の提示で独禁法違反の疑いが解消

公取委は、「楽天市場」での買い物時にユーザーが3980円(税込)以上購入した場合の送料を事業者が負担する「共通の送料込みライン」施策が、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)に該当するかの審査を続けてきた
瀧川 正実2021/12/7 10:30151
通販新聞ダイジェスト

「新幹線で地産品輸送」「鉄道ファンに刺さるグッズ販売」――鉄道関連会社の強みを生かしたJR東日本商事の取り組みとは

JR東日本商事では、JR東日本が運営するECサイト「JRE MALL」への出店をメインにEC事業を展開。鉄道関連会社である強みを生かした商品企画・実店舗での販売も行っています
通販新聞2021/12/7 9:00150
ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

自社ECの売上を支えるのは“鹿島サポ”? つながりを大切にしてきた和菓子屋さんのお話【ネッ担まとめ】

ネットショップ担当者が読んでおくべき2021年11月29日〜12月5日のニュース
森野 誠之2021/12/7 8:001440
単発記事

テクノロジーの進化で加速する“エッジでのショッピング”、注目トレンドの「コンテクスチュアルコマース」とは?

コロナ禍におけるBtoCコマースの現状、最新トレンド、消費者の期待、コロナ禍による変化などを解説します【第2回:エッジでのショッピングが加速】
笹 俊文2021/12/6 7:00440

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]